はるかぜがそよぐ場所

アクセスカウンタ

zoom RSS 自転車と持ち主の泣き声、聞こえますか・・・?

<<   作成日時 : 2009/12/10 22:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

「自転車は、その持ち主に選ばれて・・・」
という言葉を先日のブログに残しましたが・・・

ここ何日か、こんな風景が私の脳裏に焼きついています。
画像











毎日の通勤路で目にしています。

判りますよね?
あきらかに盗難車が投げ捨てられています。

悩んでいます・・・

警察に電話しようか・・・

「こんな場所に自転車が捨てられていますので、防犯登録番号を調べて、持ち主に知らせてあげてください」
と・・・

でも・・・

子供の自転車が盗まれた経験が、私にもあります。
その時の子供の落ち込み様や、私自身の怒りを鮮明に覚えています。
自転車を探してまわりました。

でも結局はあきらめて、次の自転車を購入。
(盗まれるような管理をしていたのが悪いと・・・)

半年ぐらい経ってから、警察から電話があり
「お宅の自転車が捨てられていたのですが、心当たりありますか?」と。
経緯を話すと、パトカーに積んで持ってきてくれました。
(なんて心優しい警察官でしょう!)

しかしすでにボロボロでした・・・
今でなら自分で直して・・・ということもできたでしょうが
当時はそんなスキルはありません。
しかも新しい自転車があります。
結局は粗大ゴミとして行政に引き取ってもらったのですが・・・
(今考えれば、自転車に心から謝りたいです)

結局、返って迷惑になってしまうのではないか・・・?

という気持ちがあり、悩んでいます。

でも、その自転車の持ち主は今どんな気持ちなんだろう・・・?


例えばですが

「入学祝いや誕生日・クリスマスといった記念日に買ってもらった自転車かも知れません」
「母子家庭ながら、お母さんが一生懸命働いて子供に買ってあげた自転車かも知れません」
「今は亡くなってしまったおじいちゃんが、プレゼントしてくれた自転車かも知れません」

(子供の自転車と考えた場合です)

こんな風に考えて書いているだけで、涙が出そうになります・・・


見た感じは普通のママチャリです。
値段はそう高くはないでしょう・・・

しかしそういう問題ではないですよね?

このブログでも何度か取り上げさせてもらっている「万引き」

どちらも歴然とした犯罪ですが

店に並んでいる商品には、正直に言って
「人の心は沁みこんでいません」

ですが、こうした自転車のように
「人の心が沁みこんでいるもの」
盗むという行為は

絶対に絶対に許せません!


どちらも同じ「盗難」として扱われてしまうのでしょうが

絶対に!絶対に違います!


「人の想いは盗まれてはいけないのです!」

つい熱くなってしまいましたが・・・
こんな自転車の姿を見るのは、辛いです・・・

自転車を選んだ持ち主
持ち主に選んでもらった自転車

双方の気持ちが離ればなれになってしまうのは
やるせない気持ちです・・・







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自転車と持ち主の泣き声、聞こえますか・・・? はるかぜがそよぐ場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる