はるかぜがそよぐ場所

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛車の「命」をどう考えますか・・・?

<<   作成日時 : 2010/12/20 22:37   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

「獣医ドリトル」の最終回、泣けました〜(>_<)
命と向き合うのって、言うほど簡単じゃない・・・
「愛情」のカタチって、ひとつじゃないんだよなぁ・・・

それがこの先の話題に繋がるかどうかですが・・・

自転車事故に遭われたお客さんが二人続きました。

一人の方は信号を直進中、右折車に脇からぶつけられたそうです。
相手側が保険で自転車を治してくれるとのことで
「見積もり」を要求してきたのですが・・・

事故の後遺症はフロントホイールだけ。
なのですが、かなり古く乗り込まれた自転車で
シフターやクランクなども新しくしたいと・・・

即、お断り!

あくまでも「事故による破損」しか見積もりは出せません!

そう伝えました。

確かに、修理代やパーツ代が売り上げに繋がりますが
「そこは違うでしょ!」 です。

そこまでの見積もりが必要なら、他の自転車店に持って行ってください。
(しかも当店で購入された自転車ではありませんでしたので)

はっきりとお伝えしました。


もうひとりの方はサイクリングロードの切れ目によくある
一般道を横断しようとして車に撥ねられました。
警察を呼んで現場検証などをしたそうですが
なんと過失が「5対5」だったそうです!
フロントホイール&フォーク(サス付き)は全損。
お客さんは「骨折」までしています・・・
(初めて買ったスポーツ自転車でした)

※自転車事故の過失割合はシビアになってるのかも・・・

修理代はパーツ代・工賃を含めると
自転車本体購入価格に近いものが・・・

それを伝えると「ちょっと考えます」というお返事が。

確かに、5万円で購入した自転車の修理代が3万円掛かる・・・
だったらあと2万円プラスして「新車」

そんな考えにもなりますよね?

そこでみなさんはどう思うか・・・

今乗っている【愛車】

もし事故などで大きな破損をした場合
購入価格の何割ぐらいまでなら「治しますか?」

「愛車」=「一緒に走ってきた仲間」ですよね?

そんなことをきっかけに「新車」に乗り換えるか?
それよりも今まで一緒に走ってきた「愛車」を復活させるか・・・

「究極の場」で、どんな選択をなされるでしょうか?


自転車にも「命」があると思っている私。
その命を助けるかどうか・・・
その自転車にどんな「愛情」の形を注げるか・・・

大袈裟かも知れないけど、考えさせられてしまう私です・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん、難しい選択ですねぇ。

ここからは、あくまでも、個人的な意見です。

私なら、程度によりますが、今の愛車を修理し
復活させてあげます。
そのくらい、愛着がありますから。
まったく、元の状態にならないとしても、
用途や形を変えてでも、自転車として
復活させます。
じゃないと、あまりにも、寂しいじゃないですか。
曲がりなりにも、大袈裟ですが、自分と一緒に
苦楽を共にしてきた、大切なパートナーです。
簡単に、人生を終わらせてしまう、そんなこと
私には出来ません。

こんな風に、私は考えますが。
ちょっと、カッコ良すぎですかね。
suke
2010/12/21 10:16
>sukeさん

(泣)
sukeさんらしいです。
sukeさんの自転車は幸せですね!
その気持ち素敵です(^^)

たしかに、フレームに後遺症が残ってしまえば、乗ってあげることが不可能に…
でもそうなっても僕は、その自転車のフレームを部屋に飾りたいと思っています。

例のお客さんですが、自転車を引き取りに来ました。
でも!
「いつか必ず直して乗ります」
「パーツを自分で探すので、直してもらえますか?」と…
「もちろんです!(^^)」
そう伝えました!

幸せなオーナーに出会えた自転車です!
はるかぜ
2010/12/22 21:52
初めまして、SC15R(=シルキャン)と申します。
自分なら出来るなら直して使うですね。
やっぱり長年、付き合ってきた相棒ですから動けるうちに廃棄はイヤです。
自転車ではありませんが10年物のオートバイに乗っていたとき、事故にあいましてフロントホーク変形で回りから廃車を勧められました。
でも駐車場の隅に3ヶ月ほってあったバイクのセルを回してエンジンがかかったとき、まだコイツは走れると思ったら涙が出て捨てられなくて、解体屋でパーツを探して再生しました。

でも、自転車のフレームを曲げてしまったとき、しばらくは部屋に置いておきましたが、おそらく二度とは走れないそれがさらしものみたいで、それもイヤできちんと廃棄しましたが。
SC15R
2010/12/23 16:44
>シルキャンさん
初めまして(^^)
コメントありがとうございます。

オートバイの話、感動しました〜(涙)
バイクが息を吹き返した瞬間が伝わってきます。
その時の「涙」理解できます。

でも…
自転車のフレーム…

確かにその気持ちも理解できます…

シルキャンさんも辛かったでしょうね?
でも、それも愛情のひとつ…
簡単に「フレームを飾っておきたい」と言った自分ですが、考えされられました。

シルキャンさんが実際に目の当たりにしてきた現実。
心に深く刻まれました。

ありがとうございました!
こんな拙ブログですが
これからもよろしくお付き合い願います。

本当に心から感謝しています(^^)
はるかぜ
2010/12/23 21:11
私も、3年前クロスバイクを事故で破損させました。ディレーラーが吹き飛びましたが、1ヶ月以上部品を探してもらい修復してもらいました。基本的にフレームが痛まない限り、自転車は修復できるものですね。今回の事例のようにフレームやフォークが曲がると難しいでしょう。乗り手には愛着があるにしても、安全に乗るには、事故の度合いの見極めを冷静に行うのがプロの仕事なのだと思います。
しかし、私の場合クロスを修理している間に、ロードバイクを買ってしまい、それ以来ロード一筋でして、クロスバイクが少しかわいそうではありますが^^;)
kincyan
2010/12/25 05:29
>kincyanさん
コメントありがとうございます(^^)

そうですね。
まずは乗り手の安全が最優先!
そのうえでパーツを探したり、修理してあげたいと思います。
クロスバイクもたまには乗ってあげてくださいね(^^)
はるかぜ
2010/12/26 11:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛車の「命」をどう考えますか・・・? はるかぜがそよぐ場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる