はるかぜがそよぐ場所

アクセスカウンタ

zoom RSS 【命】と向き合う「はるかぜ」を伝えていきます。

<<   作成日時 : 2011/01/16 22:57   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

今回、この件を記そうかどうか・・・かなり迷いました。

自転車ブログの看板を掲げながらも
これまで関係ない記事を書いてきたのは確かですし
それでもたくさんの方々に読んでいただき
コメントも届けてもらった「はるかぜ自転車店」

ですが今回は本当に悩みました・・・

でも自分の日記でもあるこの場所ですし
大切に育んできたブログですので、記そうと決めました。


母親の余命が1〜2カ月
(もしかするとそれも厳しいかも・・・)

昨日、病院で医師から告げられました。
癌が全身に転移しているそうです。


申し訳ない・・・
重すぎるネタです・・・


でも・・・

死に向かうだけの人間のそばには
生きていかなければならない人間がいます。


その生きている人間が何をしなければいけないか・・・
何をしてあげられるのか・・・
どうやって「命」と向き合っていけるのか・・・

それを伝えたいし、残したい。
そう思って、書き続けます。

実際、しばらくブログを休もうかとも思ったのですが
(で?再会した暁に何が残るの・・・?)
そう問い質したときに

「いいじゃん!自分を全て曝け出せ!」

そう思ったのです。

「はるかぜ自転車店」を支えてくれているみんなは
きっと今までと変わらず、私を応援してくれるはず・・・

自転車店勤務で感じること。
日常のこと。
音響仕事の事や、料理・競馬・くだらない事・・・
変わらず伝えていきたいし
(自転車走行日記は無理かなぁ・・・)
「家族」の事として
母親との「命」を巡る日々を書きたいと思っています

不思議と絶望感や失望感はありません。
涙もありません。

親父が亡くなってちょうど30年目の今年・・・
笑顔で母親を見送ってやりたい気持ちでいっぱいです。
(また親父と一緒に幸せに暮らしてねと・・・)

私たち(妹ふたりも含め)はたくさんの愛を母親から貰いました。
今度は母親に最後の愛を注いでやりたいな(^^)

だから少しでも長くがんばって欲しいし
そばにいてやりたいと思っています!


みなさん、変わらずお付き合いくださいね(^^)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。Motoと申します。さくらえびさんのブログではるかぜさんのコメントを拝見させていただいています。私もここのところ癌という病気、人間の生死について考えることが増えました。そして私も今、癌という病気で大切な人を失おうとしています。

残されたお母様との時間を大切にしてくださいませ。
Moto
2011/01/16 23:51
心中、お察し申し上げます。
残る日々が少しでも穏やかでありますよう。
SC15R
2011/01/17 21:19
>Motoさん
初めましてMotoさん。
コメントありがとうございます。

大切な人が失われつつある時間。
残される者は辛いです…
でも、僕はこう思います。
事故などで急に離ればなれになることを考えたら、こうして見送ることができるのって
幸せなのかなぁ…って。
だから残りの時間、いっぱい愛を注ぎたいと思っています。笑顔でね。
涙は最後のお別れまで閉まっておきます。
(時折ひとりでいると零れますが…)

Motoさんもいっぱい会ってきてあげてくださいね。
笑顔で!


はるかぜ
2011/01/17 22:06
>SR15Rさん
やだなぁ〜、シルキャンさん!
そんな畏まったコメントは無しですよ(^^)
僕は元気に前向きです!
でも今後、気持ちが折れそうになる時もあると思います。
そんな時「しっかりしろー!」ぐらいなノリで、励ましてください!

でも嬉しいです。
お心遣い、ありがとうございます(^^)
はるかぜ
2011/01/17 22:19
はるかぜさんがご自身で仰られているように、事故などで突然の別れとなるより見送ってあげられることを良かったと思うべきなんでしょうね(多分)。
先日新聞にこんな記事が載っていました。
ttp://mainichi.jp/select/wadai/news/20110116ddm041050103000c.html
「癌はいい病気」なんてとても言えませんが、親不孝な私は少なくとも親より長生きすることが恩返しだと思っています。
はるかぜさん、笑顔で会ってあげてくださいね。
ともちん
2011/01/17 22:53
はるかぜさん、ご家族のとてもプライベートな問題、書いていただいて、読ませていただいて、薄っぺらなことは言えないな〜とわかっていますが、何もコメントをしないのはもっと失礼かなと思いました。

優しく思慮深いはるかぜさんだから、きっと受け入れて進んでいけますね。
今は緩和治療がとてもよくなっているようなので、お母様が苦しむことなく穏やかな時間がおくれることを願っています。

はるかぜさん、あまり無理しないでくださいね。
ハルル
2011/01/18 09:52
良枝です。
私は父を20歳のとき癌で亡くしました。
今は親孝行したかった気持ちでいっぱいです。
そして、自分が癌になってしまった今、父の仇をとるつもりで癌と戦ってました。もちろん今もです。

お母様、余命宣告されたとのこと・・・私も父親の余命宣告を受けましたが私の知り合いの医者はいつもいいます。「余命なんて医者の思い込み」お母様の身体の中から少しでも癌細胞が減っていくように祈ってます。
よし
2011/01/18 11:57
はるかぜさん

書いてくれて、ありがとうございます。
読んですぐなんで、なんとも言えないけど、
はるかぜさんが、そう選択したんだから、
それが一番ですよ。

私は、母親を今から10年以上前に亡くしました。
後から、こうやっておけばなぁ、とか、
こうしてあげたかったなぁ、とか後悔もあります。
だから、残った時間、お互いに思うままに、
過ごして下さい。
そういう気持ち、きっとお母さんには、
伝わると思いますので。

ごめんなさい、少し取りみだしてます。
でも、前を向いて行くしかないと思うので、
今、という時を大切に過ごして下さいね。
suke
2011/01/18 14:37
>ともちんさん
記事、うまく読めなかったのですが…(^_^;)
「いってらっしゃい」と朝送り出してそのまま…なんて事故は辛すぎます。
だったらこのほうがいいと簡単に言える問題ではないのですが、少なくとも「想い」を伝えられるので…
だから最後まで、笑顔で過ごします(^^)
「親より長生き」は最高の親孝行ですよ!
はるかぜ
2011/01/18 21:15
>ハルルさん
みんなきっと読んでくれている。
それだけで気持ちが支えられるのに、こんなふうに言葉を届けてもらって、はるかぜは幸せ者です(^^)
お医者様には、母親になるべく辛い思いはさせないでくださいとお願いしました。
73年間の人生、一生懸命生きてきた母親ですので…

僕は大丈夫!
風邪も気合いで治しました!
やらなきゃいけないことがいっぱいありますしね(^^)
はるかぜ
2011/01/18 21:25
>よしさん
ごめんなさい。
笑顔で!なんて言っていたのに、良枝さんからの言葉だと思った瞬間、涙が出ました…
嬉しくて…

「余命なんて医者の思い込み」
勇気をもらえる言葉ですね!

明日病院に行きます。
母親には「がんばれ」じゃなくて「がんばろっ」って伝えてきます。
「TAROWAVER」のみなさんから元気をもらっている良枝さんと同じように、僕もこのブログでみんなに支えてもらっています(^^)
これからもお訪ねて下さいね。

一緒に「がんばろー!」(^^)
はるかぜ
2011/01/18 21:46
>sukeさん
優しさに満ちているsukeさんの言葉、しかと胸に刻みました!

こうして支えてくれているみんながいるから、前だけを見て進めます!
気持ちが折れそうになったら、また背中を押してくださいね。

読んでくれて、言葉を届けてくれて、こちらこそ「ありがとう」(^^)
はるかぜ
2011/01/18 21:56
ごめんなさい。
説明不足でしたね。
最初の「h」を抜いてあります。
ともちん
2011/01/18 22:04
>ともちんさん
読めました〜(^^)

がんはいい病気。には「?」でしたが
「僕には死への準備期間がある。その中で家族、仲間との絆が深まっていく。」
この言葉は心に刺さりました。
僕の立場はこのラガーマンと違い、見届ける側ですが
「家族や仲間との深まる絆」を感じています。
素敵な記事をありがとう、ともちんさん(^^)
はるかぜ
2011/01/18 22:33
私の父も癌でした。一度は放射線治療と手術で乗り越え、5年間再発しなければ大丈夫という感じでしたが、5年目くらいに再発し、そのときは殆ど手の打ちようがありませんでした。
再発・入院後は、私や弟や母が付き添う日々で、特に母にとってはおそらく大変ハードな毎日だったと思いますが、死と隣り合わせだったにも拘わらず、絶望感よりも奇妙な充実感のようなものが漂ってたような感じもします。
うまく言えないのですが、はるかぜさんもそんな風であったら良いなと思います。
T.Aぎざっろ
2011/01/19 01:15
はるかぜさん

はるかぜさんと逢ったこともないのに、
昨夜は、はるかぜさんの夢を見ましたよ。
私、あんまり夢を覚えてるタイプじゃないんで、
内容はよく分かりませんが、夢に出てきたのは、
間違い無く、はるかぜさんでした。

色んなことあります、でも、はるかぜさんの
笑顔で乗り越え、過ごして下さい。
すいません、取りとめのない文章で。
suke
2011/01/19 09:51
>T.Aぎざっろさん
それだけお父様にたいしての「愛」を貫いたのでしょうね。
またお父様からもたくさんの「愛」を感じていたのでしょう。
僕ら家族も精一杯の愛情を注いでいきます。
貴重なお言葉、ありがとうございました。

インフルエンザ治りましたか?(^_^;)
はるかぜ
2011/01/19 18:22
>sukeさん
なんか不思議ですね?
コノスルや日本酒など、両手いっぱいにお酒を抱えていませんでしたかぁ?
だとしたら間違いなく僕ですね(^^)
夢でも、お会いできて嬉しいです!
それだけsukeさんに想われているのかなぁ(^^)
落ち着いたら、夢ではなく本当にお会いしましょうね!
はるかぜ
2011/01/19 18:34
大変な時期ですね。
私の母も3年前に亡くなりましたが、亡くなる前1年半ほど入院しておりました。倒れてから、元気な時にもう少し逢う時間を作り色んな話をしておればと悔みました。まだ父は元気ですが、可能な限り毎月逢いに帰省しております。人生は有限ですから、今の時間をお母さんのために使うのが悔いを残さない方法ですね。
kincyan
2011/01/21 17:28
>kincyanさん
そうですね…
「元気な時に…」って思う事がいっぱいあります。
でももうこうなった以上仕方ないので「今」を精一杯過ごしたいと思います。

お父様が元気でいらっしゃるうちに、ぜひ一緒に自転車店を!(^^)
はるかぜ
2011/01/23 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
【命】と向き合う「はるかぜ」を伝えていきます。 はるかぜがそよぐ場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる