はるかぜがそよぐ場所

アクセスカウンタ

zoom RSS 「大変」なことを平等に分かち合いたい・・・

<<   作成日時 : 2011/03/29 22:54   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

自転車店にも「春」の訪れを感じられてきました。

震災直後は「現実」への手段として
自転車を購入される方がたくさんいらっしゃいました。
それはそれは大忙しの毎日でした。

しかしここに来て変化が・・・
本来この時季に見える、入学祝いやサイクリング目的の方々。
そういったお客さんが来店されるようになりました。

自転車に関わる人間として
どんな立場であれ、自転車を求めるお客さんに「全力」で応対させてもらいます。


ただ・・・・・・
私の住む街は「計画停電」の対象から外れました。
私はこの事実を、心苦しく感じている日々を送っています。

どんな状況や力が働いているかは解りませんが
「なぜ・・・?」という思いが・・・

確かに、停電させると大きな弊害が出る施設や企業があるかも知れません。
でも多かれ少なかれ、それはみんな一緒だと思うのです。

平等にして欲しい!

このままでは、何の弊害も無いこの街の人々は
この震災の大きさを忘れてしまうのではないか・・・
そんな不安があります。

私の家ではせめて、こういったことをしています。
それは・・・
停電の大変さをちゃんと受け止めよう。という事で
画像











家族揃って食卓を囲める時には
全ての電気を消して、ロウソクの灯りで過ごします。
そして今回の震災についてのことを話し合います。

それでも心苦しいことは拭えません。
家庭内だけでなく、街中の灯りが消える状況に比べれば
なんの支障も無い「小さな停電」しかないのですから・・・

ごめんなさい・・・
これぐらいしか出来ません・・・
でも、嫁さんも子供たちも進んで行っています。

これから時間が経てば経つほど、忘れ掛けそうになる「事実」
絶対にそれだけは避けなければいけない!

みんなが平等に苦労を共にして
心を繋ぎ合せて行かなければいけない時間は
まだ始まったばかりだと思います。

被災地の方々に比べれば
このぐらいのことを「苦労」なんて言えません!

出来ることは「形」ある物だけでないと思っています。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
早速、子ども達に写真を見せたら…
「きれい〜」
「ご馳走に見える〜」と目を輝かせ言ってました(笑)

以前、停電とは「こういう事だ!」と夜真っ暗にしたら、息子は怖い怖いと半泣きでしたが(汗)
我が家も見習いたいです!
カルミア
2011/03/30 13:35
停電区域外だと手放しで喜んでいる人もいれば
はるかぜさんみたいな心がけの方も・・

我が家は第一グループで、すでに7回ありました。
東電さんもいろいろおありでしょうがふに落ちない部分はいまだにしこりとして残っています。
でもいいこともあったのです。
2回あった夜の停電、たまたま孫が来てまして
夕食時、いつもならテレビを見ながら、話と言っても
雑談くらいで終わっていたのですが
この時は、いろいろ話しました。
こんなことが無ければ、思春期の孫とゆっくり話もできなかった。
暗がりは困ったけど、これは良かったです。
ただねえ、孫がいたからいいけど夫と二人じゃ
持て余してどう過ごしていいかわからなかったでしょうね。
まさに孫はかすがいでした。
さくらえび
2011/04/01 10:56
お久しぶりです。(いつも楽しませていただいていますが)
計画停電エリアの決定については、決定している人も心苦しい思いをしているような気がします。
今回のような災害の極限状態の場合、医療従事者のうちの誰かが、けが人の状態を確認し、最大の人数を救うためにあえて見捨てる人を決めることがあるそうです。(当然その人は自分の判断に苦しむことになると思います・・たとえ判断が正しかったとしても)
今回のような、決断を下す人は、色々な批判にさらされると思います。
そのあたりの苦しみは、解ってあげたいと思います。
ハインケル
2011/04/01 20:25
>カルミアさん
幼い子供はそういった感受性の中で、それぞれいろんな事を学んで行くでしょう。
純粋でいいですね〜(^^)
はるかぜ
2011/04/01 21:15
>さくらえびさん
ブログを拝見していたので、停電になっていたこと知っていましたよ。
それもありました。
身近な友人たちと同じ環境を受け止めたいと…

うちは家族4人揃うと、テレビを見て一緒に笑ったり、その日の出来事を話したりという日々を送っていますが、今回こうして電気を消した中では「震災」について話しています。
お孫さんとの会話、良かったですね(^^)
旦那さまともゆっくりと話せばいいんじゃないですか〜?(^_^;)
はるかぜ
2011/04/01 21:24
>ハインケルさん
全くもってそのとおりだと思います。
今回の計画停電や原発事故。
批判の声に悲しく、また苛立ちを感じます!
ツイッターではよく訴えているのですが
今回の震災は日本中の誰もが想定しきれないほどのものでした…
誰かが誰かを責められるものではないと思います。
そしてそんな批判からは何も生まれない…
みんなそれぞれがそれぞれの立場でがんばっているのです。
みんながみんなを思いやって行かなければいけないのに…

「平等にしてほしい」と誰かに訴えているのではなく、自分に対してのジレンマを自分自身に訴えています。
何の弊害もないこの街に住む人々の中の一人になってしまうかも知れない自分を責めています。

ぎりぎりの中で判断をされている方々の気持ちを思うと、また辛くなりますね…
でも自分たちの決断や行動を信じて、がんばってほしいと思っています。
はるかぜ
2011/04/01 21:44
計画停電の決定は、生活に大きな影響を与えますね。多分、除外地区になったのは重要な施設が近くにあるからなのでしょう。判断基準は公開されていませんけどね。これから夏にかけて計画停電の方法は、再検討されているのでしょうが、装置産業の方は大変ですので、事業所ごとの総量制限が良いのでしょうね。
kincyan
2011/04/03 21:02
>kincyanさん
ここのところ計画停電を回避出来ていて何よりです。
みんなの「節電意識」で、これだけ電力の消費を抑えられることが証明されましたね。
夏に向けてまた考えなくてはいけないのでしょうが、この意識を忘れずにいきたいと思います。

kincyanさんの地域、水道は完全に復帰しましたか?
はるかぜ
2011/04/04 21:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
「大変」なことを平等に分かち合いたい・・・ はるかぜがそよぐ場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる