はるかぜがそよぐ場所

アクセスカウンタ

zoom RSS 75歳までは生きるぞ!

<<   作成日時 : 2013/09/27 22:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

先日、父親の三十三回忌を無事に済ませてきました。

本来は7月の末なのですが
自分の多忙や兄妹たちの都合がどうしても合わず
2ヶ月遅れに…

まっ「親父も許してくれるだろう」と甘えて(^_^;)

お寺の住職も午後しか予定が空いていなく
13時半からになりました。

私の家族(息子は仕事の都合が合わずでしたが)
妹たちの家族、そして義父・義母。
本当の家族だけ16名。


母親の他界を機会に、お世話になっているお寺。
画像











画像











住職の話では
最近は「親」の三十三回忌って減ってるそうです。
長寿国日本ですからね!
親が長生きしてくれるのは嬉しい限りです(^^)

昭和50年代、三十三回忌が最も多かったそうです。
戦争の犠牲者がちょうど… だった時期。

現代では「忘れてしまう」方も多いそうです。

そんな中、こうして迎えられたのは複雑です…
早くに父親を亡くしたお陰で… でもありますが
元気に生きていてくれればまだ80歳手前ですからね。

生きていてくれたら…

そんな思いの中、心を込めて「般若心経」を読みました。

お寺からは印旛沼を一望できます。
画像











初めて訪れた妹たちは、この景色に感動していました。

この後、茨城の水戸までお墓参りに行ったのですが
いずれこの地に「お墓」を移す予定です。

母親の三十三回忌には私も75歳。
生きてる自信ないなぁ…なんてFbでつぶやいたら
ある友人に「生きなきゃだめだ!」と励まされました!

たしかにそうだ! 

生んでくれた「両親」を失った私にとって
生きることが最高の「親孝行」なんです。

がんばらなきゃね(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
そうなんだ、はるさんちは、多分、真言宗なんだ。

それから確か、33回忌の先にも何回忌だかあるからね。

もっとご法事やって差し上げようね。 それこそ無理かね。

2013/09/27 22:50
>Bさん
自分自身は「何派」に疎いのですが
とりあえず真言宗豊山派になりますでしょうか。

三十七回忌→五十回忌ですね?

五十回忌では私64歳ほどですのでイケます!(^^)
はるかぜ
2013/09/28 22:28
私は親をきちんと見送ることが出来れば、最低限の義務は果たせたと思うに違いありません。
ともちん
2013/09/28 23:39
33回忌とは大したものですね。私と父の年齢差は33歳ですから、私の子どもたちが父の33回忌をできるかどうかというところですね。祖父の世代の33回忌ですと、残念ながら私自身が忘れてしまっているというのが実情です。もっと大家族の家であれば、祖父祖母の33回忌もできるのかもしれません。親戚が集まるイベントでも有りますしね。都会に出てきた我々には難しいことなのでしょう。
kincyan
2013/09/30 14:36
>ともちんさん
それって凄く大事な「親孝行」ですよね。
親より先には逝かない…
当たり前の様ですが
叶わなかった無念の魂を思う時、心が痛みます。
はるかぜ
2013/10/01 21:08
>kincyanさん
32年の月日は長いものです。
家族みんながいつまでも長生きして、三十三回忌なんか迎えないのが本当は「幸せ」なのですよね。
はるかぜ
2013/10/01 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
75歳までは生きるぞ! はるかぜがそよぐ場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる