はるかぜがそよぐ場所

アクセスカウンタ

zoom RSS マニアックな印旛路を開拓するぞ!(後編)

<<   作成日時 : 2014/04/10 20:55   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

お犬様から命辛々逃げ切った我々親子。

「あ〜マジでビックリした〜!」なのですが思い出すと大笑いです。
息子はこのあとしばらく、犬の鳴き声に敏感になってましたが(笑)



さて、写真のような印旛沼の周辺を囲む台地。
我々親子はこれらを総じて「印旛沼ヒルズ」と呼びます。
それぞれの台地には集落があり歴史があります。
そんな景色を楽しむために「坂」を上るのです。
標高は高くても30mほどの台地ですが
真っ直ぐに作られた生活道路だけに、急な坂が多くなっているのですね。
画像















犬に追いかけられた台地は印西市平賀の集落。
(江戸時代は平賀村でした)
「平賀ヒルズ」と名付けましょう。(上の写真は違います)

初めて走る道を進むと現れた「宗像神社」鎮守の森
神々しい雰囲気に心が洗われていきます。
画像














放置されたトレーラーと鉄骨!←どうするのかしら?
画像















平賀の集落をしばらく探検したあと一度、中央排水路沿いまで下ります。
しばらくまったり走ったあと
印旛沼平賀干拓付近から山田ヒルズへ上がり(平均斜度9%)
山田の集落(ここも江戸時代は山田村)を走っていると
印旛七福神のひとつ「円蔵寺」に出ました。
4年以上前にここへ来た事を思い出しました(笑)
(印旛七福神巡り http://blue-corratec.at.webry.info/200911/article_16.html
画像















この先一度大通りに出ます。右折して進んだ後
464号線に出ますので山田橋を渡り信号を右に曲がると「市井橋」に出れます。
(そう言えば今回のルート、信号ってこの間の4機だけ!)

ここは地元なのに「久々に来たね〜!」って感じ…(^_^;)
相変わらずの絶景ポイントです。
画像














画像














画像















六合小学校の脇の初めて通る激坂(平均斜度12%)を下って
(写真は下から撮ってます)
画像














成田スカイアクセスの高架下を潜り
画像














平均斜度5%ほどの坂を口笛を吹きながら上ると(笑)
「吉高の大桜」に到着です。
画像















ここもあまりに地元過ぎる為か、10年ぶりぐらいに訪れた私でした…(^_^;)
今週末あたりが満開の見頃になりそうですよ。

チューリップから〜の大桜
画像














大根で作られた「オブジェ」?
画像















大桜から一度下りますが、すぐに向かいの丘に上ります。
(今日はこんなことの繰り返し)
するとこんな石碑を発見!
画像














そのすぐ先には「吉高の宗像神社」がありました。
この集落も江戸時代は吉高村でしたので
上の写真の石碑に刻まれている「村社」はその名残ですかね。
画像















印旛沼周辺(旧印旛村)には宗像神社が多く建立されています。
興味のある方はこちらへ(旧印旛村神社情報)
(外部サイト http://members3.jcom.home.ne.jp/narui-tadao/subpage16.html
ついでに印旛村の歴史に興味のある方はこちらへ
(外部サイト http://www.publicart.co.jp/iniwano/innbamura.html


吉高ヒルズの上で小休止
画像











北印旛沼が一望できます。
画像















こんな道ばかり走っているような気がする…
もはや林道ですね(笑)
画像














こんな不思議な景色にも会えました。(紅葉?と桜)
画像















吉高ヒルズを一気に下ると(平均斜度10%)「迎福寺」
こちらも印旛七福神のひとつです。
ここには綺麗なトイレとベンチが出来ていました。
画像














コーヒータイムを経て
画像











さらにウロウロしていると美味しそうな坂が…(笑)
しかし、車1台分くらいの道幅しかないのに後ろから車が来て
余儀なく自転車を降ろされました。
(ここは平均斜度15%)

担ぐ息子(笑)
画像















結局この坂を戻って印旛捷水路沿いに…

本日の走破にガッツポーズです!
画像














のはずが、左手に美味しそうな道が…(笑)
吸いこまれるように進んで行くとやはりいい感じの坂がありました。
(平均斜度17%!でした)
画像














山田ヒルズへの別アプローチです。
先ほど通った道に繋がりましたので
少し戻って別のルートで平賀干拓付近に下り
ぐるっと廻って再度、印旛捷水路に戻りました。


さて、本当に戻りますかね…
画像














「市井橋」を下から望みます。
画像















車に自転車を積んだあと
すぐそばにある「ラーメンすずき」に初訪問です。
画像














私は味噌ラーメン(大盛り)700円
画像














息子は醤油ラーメン(大盛り)700円
画像














を注文したのですが
最初にお互いのスープを味見したあとラーメンを交換。
味の好みが互いに逆でした…(笑)
(写真だと醤油も味噌も同じに見えますね…)

ラーメンを食べているタイミングで娘からメールがあり
臼井駅までお迎えに行きました。

これにて今回の探索は終了です。


最後に、Bさんからのリクエストもあり
このブログ始まって以来、初のルートラボを載せてみます。
初めて走った道もありますし、思いつきで進路をとっていたので
記憶があやふやな場所もあります(笑) ご了承くださいませ。
(スタート地点マークはゴール地点マークに隠れています)

狭い場所をぐるぐると周回するこのコース。
まさにクラシックレース「ツールデフランドル」の勝負どころっぽい!
(石畳ばりの悪路や激坂の繰り返しだし)

尚、文中に記した平均斜度はルートラボから算出。
計測地点によって差はありますのでご理解願います。


それにしてもまだまだ奥がありそうな印旛沼ヒルズの数々。
距離はありませんが最高に面白いポタです!(^^)v






※長文お付き合い頂き、ありがとうございました(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
さすがルートラボ。
30m級の超級山岳を数多くこなした痕跡が。
最後のゴールスプリントが見たかったなあ。

ところで、ラーメンの大盛りは禁じ手ですぞ(笑)。
それも初訪のお店で!
ともちん
2014/04/10 23:00
データーありがとです。
しかし、ちょっと見、目が回りそう。
行かぬ方がいい犬が居るところはどこでしょうか。
絶対行きたくないです。
B
2014/04/11 05:54
>ともちんさん
そう!まさしく超級山岳です(笑)
スプリントしたら息子かな… 上れるスプリンターですから(笑)
そういえば初訪の店で大盛りは冒険でしたね(^_^;)
はるかぜ
2014/04/11 06:14
>Bさん
無事に見れたようで良かったです。
お犬様がいるのはスタートして1qあたりから始まる坂の上ですよ。 あれは本当に放し飼いなのか?実はノラだったのか? 自分はもう一度行ってみたいと思っています(笑)
心の準備が出来ていれば構えられますから。 
でも今回の坂ではあそこが一番キツイかも…(^_^;)
はるかぜ
2014/04/11 06:19
はるかぜさん、こんばんは!

お!この場所は、、
初めて印旛沼にいって途中で引き返した記憶が、、
いかなくて本当にヨカッターーー
もう少しで印旛沼キライになるところでした(笑)
旧手賀教会の先もお気をつけ下さーい。

そういえば、市井橋への12%は上りました。
ツルッツルで怖かったな〜

このルートはアトラクションいっぱいで犬以外は楽しめそうですね。

楽しいルートラボありがとうございます。



ワンチャン
2014/04/13 22:29
>ワンチャンさん
ルートラボ、楽しんでくださって幸いです(^^)

あぶないとこでしたね〜(^_^;) マジで犬はヤバい!

旧手賀協会の道ってどこだろ?探してみますね。

手賀沼周辺も丘がいっぱいありますが、印旛ほどの坂って無いdすよね?
はるかぜ
2014/04/14 20:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
マニアックな印旛路を開拓するぞ!(後編) はるかぜがそよぐ場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる