はるかぜがそよぐ場所

アクセスカウンタ

zoom RSS はるかぜ一家、冬眠から覚めました!(その2)

<<   作成日時 : 2016/04/27 11:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

標高1500m超えの頂に立った我が家族!
余韻に浸る時間はありません。
(無くはないですが…)
西峰のベンチで軽くおにぎり補給(笑)

全体のルートはまだ半分以上残っています。

標高を下げて行くのですが
なぜか気温も下がっているのを感じます。

突然!
足元でゴジュウカラが虫を突いてる姿に出会いました♪
(写真は間に合わなかった)

ムシカリ峠の分岐から戻るように東へ折れます。
(都民の森へ戻るルートです)

しばらく進むと
今までの山登りでは未体験だったこんな景色!
画像





















沢です。
この景観と瀬音…  沁みますね〜(^^)

「ツーツーピー」
シジュウカラの声にも癒されます♪

始まりはほんのわずかな湧水だったのですが
標高を下げて行くほどに水量が多くなっていきます。
下りのほとんどが沢沿いでした。

ただし足元は結構なガレ場です。
集中しないと足首を捻りそう…
さらに前日の雨で滑りやすい!
結構疲れます。

しかも道中、30人!を超えるような
年配者の登山グループ3組ほどとすれ違い…
(ここを登って来る人がいっぱいいました!)

道幅が狭いので進路は譲り合いです。
向こうは団体なので、下りの我が家3人に譲ってくれるのですが
これが最終的に娘の負担に…
画像





















そんな中がんばって下って来ると
山間に見える吊橋。 
ここが…
画像














三頭大滝です!
橋は「滝見橋」
落差は30mを超えています。
沢の水が一気に落ちていきます。
画像





















タイミングがよく、私たちの貸し切り状態(笑)
写真からもお判りになると思いますが
青空が広がり、陽射しと滝に癒しMAX!(^^)

わずか先の見晴らし台からようやくの景観♪
画像















ここから先は
ウッドチップが敷き詰められている優しい路。
都民の森から上がって来る
わんちゃん連れの方もいっぱいいます。

でも周りの植物に目を向けると
可愛い珍しい植物がいっぱい(^^)
標高は1,000m超えてる訳ですからね(笑)
じつはこんな本を買って持参しました!
画像














鳥を初めとする生き物や花や木。
そういった物に目を向けられる余裕。
イコール、そんな楽しみを満喫したい。

山登りをしていると
初心者だけに余裕が無いんです(^_^;)
息を切らして足元ばかり見て…
なんとなく自転車に似ているかな?

慣れてくると余裕ができて
周りの景色を楽しめるようになるのでしょうね♪

今回は少しだけ
最後にそんな楽しみ方ができました(^^)

下りきった所にある施設「森林館」
そこにあった温度計は…
画像














きっと日陰にあったからだと思います(笑)


車に戻り、靴を履き替え
奥多摩周遊道路〜檜原街道を降りてきて
「払沢(ほっさわ)の滝」バス停にあるこちら
手作り檜原とうふ「ちとせ屋」さんに寄りました。
画像





















豆乳ソフトクリームを頂きました♪
やっぱり濃厚で美味しいし(^^)
豆乳ソフトってそこら辺では食べられないですよね?!
画像














うの花ドーナツも買ってきました。
国産大豆のおからと小麦粉を豆乳で練り上げてるそうです。
が…
店頭で食べた揚げたての美味さには及びませんでした。
画像















そして少し遅くなった昼食はこちら
画像














「ほうとう 佐五兵衛」さんです。
こちらでほうとうを頂きました。
嫁さんは野菜・娘は鶏肉・私はキノコ(^^)
画像














見たことの無いキノコも含めて4種類。
野菜もたっぷり入ってヘルシーです。
やっぱり美味しい♪

ん?やっぱり?

じつは今回のこのルート(山登り以外ですが)
2012年の夏
友人のともちんさんに誘われて(騙されて)(笑)
自転車で訪ねています。
よろしければ覗いて下さいませ。
(当ブログ記事「いざ奥多摩へ」…)
http://blue-corratec.at.webry.info/201208/article_10.html


ほうとうを食べ終わって14時半。
奥多摩を後にします…

娘はすぐにぐっすり・・zzz・・・
実はとても下りが苦手な娘。
上りより遅いんじゃない?ってくらい(^_^;)
それなのに、前記した団体とのすれ違いで
完全に自分のペースを乱してしまったのと
それにともなう恐怖心もかなりだったと思います。

もう少し気遣ってやればと反省してます。

そんな緊張感から解放されてのぐっすりは
4年前の息子と同じだと感じました(笑)


帰宅後の歩行計です。
画像














画像














なかなか良い運動でした(^^)v

次は6月予定!
どこに行こうかなぁ…


それにしても
この距離を歩くために車で走った距離は
300km(5時間)を超えました(笑)


※長文お付き合い下さり、ありがとうございました(^^)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまでした!
往復クルマで300km移動して、1万5千歩を歩く・・・なかなかハードですね(^^;
でもケガなく帰宅出来たような何よりです。
下りがマイペースなのは慎重派な証拠。
今回は負担になってしまったようですが、次につなげられれば良いですね(^^)♪
最近ロードバイクでも、下りはかなり減速して気を付けるようにしています。
落車の話をよく耳にするようになったので・・・。
絶景に、癒しスポット、なかなか見られない動植物。
そのうち、カメラとかもはじめそうな予感が^^
けんぞー
2016/04/27 19:24
>けんぞーさん
でしょ?なかなかハードでしょ?(笑)
娘の下り下手は慎重というよりはビビリですね(^_^;)
ま、慣れが必要だと思われます。
ロードバイクでのスピード出し過ぎは厳禁です!
レースではないので、命を優先しましょう(^^)
あ…カメラはRICOH狙ってます(笑)
はるかぜ
2016/04/28 21:56
標高はどれくらいになると呼吸に変化があるんでしょうね。
自転車のヒルクライムもハイキングも、坂道の辛さばかりを考えてしまって空気の変化には気づきにくいです。
三頭山から体を慣らしていずれは富士山へ!
ともちん
2016/05/01 22:41
>ともちんさん
ともちんさんに連れて行ってもらった場所に嫁と娘を連れて行くことができました!
「あの時自転車であんなで、こんなで…」と当時を語りながら(^^)
呼吸はどうでしょうかね?
1500mでは酸素が薄いと感じませんでした(笑)
はるかぜ
2016/05/02 20:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
はるかぜ一家、冬眠から覚めました!(その2) はるかぜがそよぐ場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる