サポートカーが同行!?

結局、印旛七福神巡りになりました。

午前中に行って来る予定が急遽午後に・・・
出発は13時でした。

先日アマゾンから届いたこちら!
画像












今まではフロアポンプのゲージで9BARという大まかな空気圧で乗ってきましたが、本日はこのデジタルゲージで前後きっちりと8.2BAR
乗り出した瞬間、柔らかいというよりは「空気圧あまいか・・・」といった感触。
ちょっと不安になりながらも「携帯ポンプで少し足せばいいや」と
まずは最初のある場所を目指します。
しかし、しばらく走っているうちに悪コンディションの路面での跳ね上げがあきらかにいつもより少ないのが判りました。
「これはこれでアリか!」

最初の目的地とはサポートカーとの待ち合わせ場所です!

本日は地元の祖父が車でナビゲート。
嫁さんと子供ふたりも車に同乗です。

いかんせん公民館で入手したこの程度のマップではとても不安・・・(^_^;)
画像













無事最初の出発点である東祥寺(とうしょうじ)に到着!
曹洞宗の寺院で1472年に開基したと言われています。
本尊は釈迦牟尼如来。
七福神は「健康・長寿の神、寿老人」がありました。
画像












ここからはけもの道の可能性もあるため、フラットペダルに交換。
ちゃんとサポートカーには工具や衣料品・食料を積んでおきました(笑)

娘からはこんなお守りが・・・
画像












これがこの先意外な効力を発揮してくれます。

ここからは、次の目的地までの大まかな道筋を祖父に聞き、脇道に入る辺りでサポートカーには待ってもらうといった感じで進んでいきます。
基本的に交通量の少ない田舎ですので、こんなことが可能なんです(^_^;)

「長寿・立身出世の神、福禄寿」がある曹洞宗の高岩寺(こうがんじ)
本尊は観世音菩薩で1504年に開基されました。
画像












続いて真言宗の寺院、万福寺(まんぷくじ)
本尊は阿弥陀如来です。
こちらには「勇気・商売繁盛の神、毘沙門天」がありました。
画像












ここからは一気に10kmほど移動。

1492年に開基した曹洞宗の寺院、慶昌寺(けいしょうじ)に着きました。
阿弥陀如来を本尊とし「五穀豊穣の神、大黒天」があります。
画像












ここには「幸福の鐘」なるものがありました。
もちろん、ごぉ~~~んとひと叩き!
画像












それにしても・・・
車がすれ違えないような細い道。
舗装がひびだらけの路面。
竹やぶの小山を上る20%ぐらいありそうな坂。
主要路には長く続くアップダウン。
結構しんどい・・・

しかも久しぶりのフラペ・・・
足が暴れてしょうがない!

でもお守りが元気をくれます

後半は「芸能の神、弁天」がある迎福寺(こうふくじ)から。
1489年開基の曹洞宗寺院で、本尊は阿弥陀如来です。
画像











ここは一番立派なお寺でした。
画像












続いての曹洞宗円蔵寺(えんぞうじ)は1532年に開基。
釈迦牟尼如来を本尊とするこのお寺には
「福徳・円満の神、布袋」がありました。
画像












いよいよラストです!
「漁業・商売繁盛の神、恵比寿」が待つ西定寺(さいじょうじ)
開基は806~810年と言われています。古いですねー!
宝冠阿弥陀如来を本尊とする天台宗のお寺です。
最後は自転車と一緒に
画像












無事に印旛七福神巡り完走です

七福神巡り自体は総距離30kmほど。時間で1時間30分。
全走行距離でも50km。
大した距離ではありませんが、結構疲れてしまいました・・・

帰り際に立ち寄った高台からはこんな風景が
画像












最高のご褒美です(^^)

美しすぎるー

しかし夕方は寒いですね・・・
どんどん体感温度が下がっていくのが判りました。

それにしても祖父のナビゲートがなければ何時間かかったやら・・・

「お父さんがんばれー!」
と声を掛けてくれた子供たち。

私にとって最高のサポートカーでした

それにしても写りの悪い写真。下手くそな文章ですいません。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました(^^)

そして、こんな身近にあった歴史を訪ねて歩くという楽しさに気付かせてくれた「自転車」にもあらためて感謝です!











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック