ひとつのパーツにも、愛着があります

関東は好天に恵まれましたね~

自転車に乗られた方も多いのでは?

私は病院に行ったり、明日の音響仕事の仕込みに行ったりでしたが
印旛沼周辺では自転車乗りの方をいっぱい見かけました。

しかし!あの風でしたからねー(^_^;)
走るのも大変だったと思います!

でもこれからは「自転車日和」本番ですね
私は22日の誕生日ライドまでお預けですが・・・(笑)


さて、昨日のブログでちょっと触れましたが
今回購入した小物とは、こちら
画像











サドルです~!

写真から値段判ります?(^_^;)
実はめっちゃ安いです!

ずっとサドルを探していたのですが
やっぱり「カッコいい」と思うサドルってうん万円!
しかも写真だけじゃ感触が判らないので、購入に悩んでました。


実は、今月は私の誕生月だからと義母からお小遣いを貰いました・・・(笑)

うちはお小遣い制ではないので、これがとても嬉しくて

何か「形に残るもの」を買いたかったのと同時に
このサドルが入荷してきたので、思わず買ってしまいました(^^)

長さが20mmほど短くなるので、ポジション出しは振り出しに戻ります(^_^;)

ただ、まだ交換していません!

というのも
あんな茶色い変なサドル(笑)ですが、初立ちゴケで傷をつけてしまった相棒です。
(大袈裟に、歴戦の跡と記しましたが・・・)

その傷は、私にとっての大きな「想い出」になっています。

もう一度くらいは、あのサドルで走りたいな・・・

って思っているので、交換は少し先になりそう(^^)

パーツの交換って簡単にできますが
一緒に走った「その物たち」と離れるのはちょっと寂しいなぁ・・・

これって馬鹿馬鹿しい考え方なのでしょうか?(^_^;)

誕生日ライドは「茶色いサドル」との、さよなら走行になりそうです


にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

さくらえび
2010年03月14日 00:58
可愛いサドルですね!
目立っていいかも、サドルはやはり使い慣れてるのが
というか、長い時間座っても違和感のないのが一番です。
ということで、私はロード買った時、オリジナルをはずして
いままでのクロスバイク用と、取り換えてしまいました。
メーカーの説明によると、女性の体に合わせて作成
と書いてありましたが、どうも慣れなくて・・
交換して正解でした。
今日(昨日ですね)は都心にいました。あの強風の中、何人もの
ローディーを見かけましたよ。

都心は自転車が一番、明日は?もう今日ですが
走る予定です。
ぎざっろ
2010年03月14日 10:54
サドルの傷を大切に思う気持ちって素晴らしいです!
その考え方見習います!(^^)
それから、昨日のサイクリングで出会った人の自転車のコンポの綺麗さに、思わず目を見張ってしまったんですよね。
自分もできる範囲でキレイにしてるつもりでしたが、全然レベルが違って‥。
ティアグラのコンポで新品ではなさそうでしたが、よく手入れされてるなぁというのが、一目でわかりました。
これは、傷を大切に思う気持ちと比べたら、当たり前の話だと思いますが、自転車やパーツへの愛着って、こういうところに出るんだなと実感した瞬間でした(^^)
はるかぜ
2010年03月14日 22:30
>さくらえびさん

コメントどうもです(^^)

そうそう!
サドルって相性が何より一番大事ですよね。

私の場合、例の「茶色いサドル」とは相性どうのこうのいうほど乗ってあげていませんが…(^_^;)

はるかぜ
2010年03月14日 22:53
>ぎざっろさん

コメントどうもです(^^)

いえいえ…
「見習う」なんて恥ずかしいです
「茶色いサドルくん」に関しては、大して乗ってやれなかったうえに傷つけてしまってごめんねって気持ちと同時に、想い出は残っているよって…感じています。

走ると同時に、手を加えてあげることによって「愛着」は数倍に膨れ上がりますよね(^^)

「自転車に乗って走る」

それって、たったひとつでもパーツが欠けては「成立」しない関係がありますもんね?

そしてそうやって大切にされた自転車は、きっと応えてくれるはずだと思っています。

男女関係みたいな「複雑」は無いはずです(笑)





analove
2010年03月14日 22:55
かわいいサドルですね☆
私なら買ったら即取り付けなきゃ!!というタイプなのですがはるかぜサンのように戦歴を残したいという気持ち、なんだかうらやましいですw

サドルは大切ですよね!
私も今の自転車は驚くほどおしりが痛くならないのです!
以前の自転車では私の体重が・・・と思ってたんですが乗り方がまずかったのか、、、体に合わなかったのか。

早く良い天気に恵まれないかしら☆
2010年03月14日 22:56
こんばんは!サドルですかぁ。。。
実は昨年サドル難民になってました(--;
途中からはよく分からなくなっていたんです。
①カラダがポジションを合わせたバイクに慣れた時にサドルを変えるのか、②サドルにカラダが慣れるものなのか。
ショップ店長に相談せずちょこちょこ変えたりして。。。
でも変えても1つ良くなれば1つ問題が増え、変えても変えても全然良くならなくて。
で結局今は、ショップ店長に諭されてかなりクッション性のあるサドルからやり直してます(^^;
“見た目”はかなり・・・ですが、仕方ないです。これが今の実力、というか自分に合ったサドルなんでしょう。
やっぱ①なんでしょうね~。
サドルって、ある意味もっとも拘りのあるパーツだと思いますが、“見た目”に拘ってしまったことに反省してまふ。。。ふー。
2010年03月15日 07:07
おはようございます
自転車は傷をつけてしまうとショックですが、それが思い出になっていきますね。

サドル、なかなか合うものがなくてという方が多いですね。
私のお尻はパッドなしで100km走っても大丈夫なようです(笑)
サドルは「セライタリアC2Gelフロー」です。
はるかぜ
2010年03月15日 21:26
>けんぞうさん

コメントどうもです(^^)

サドルってホント難しいですよね!
①も正解のようで、②も間違ってないような気がします…
①には、サドルのポジションも前後と角度をこまめに調整するのが大事ということも含まれますし、②にはそれによっての「馴染み」が出てくることもあるからです。

これだけは「価格」や「見た目」で決められる物では無いですよね~(^_^;)

今のサドルはどうですか?



はるかぜ
2010年03月15日 21:47
>ひろじ~さん

コメントどうもです(^^)

実はそこなんです!
痛くならない人っているんですよね~(^^)

それにしても、パットなしで100キロ走れるとは!?
まさに「自転車に乗るため」に作られた「お尻」に感謝しなければいけませんね(笑)
「セライタリアC2Gelフロー」のようなゲルパッド仕様は、この先試してみたいです!

そして、自転車の傷は歴戦の証です!
「刻まれた想い出」ですよね(^^)




はるかぜ
2010年03月15日 22:01
>analoveさん

コメントどうもです(^^)

パーツを交換するのって簡単ですが、同じ景色を過ごすための時間を支えてくれた「友」ですので、自転車から切り離すという行為に「ごめんね」という気持ちが残ります(>_<)

VITAくんのサドルはanaloveさんにピッタリなのですね(^^)
運命です!

たくさんの想い出を一緒に刻んでくださいね

この記事へのトラックバック