坂道くん、パンク!

10月に「ジャイアント・OCR」を購入してくれた小野田坂道くん似の高校生。
(当時の記事はこちら
自転車の組み上げは私がしたのですが
引き渡し時は私が休みだったので叶いませんでした。

そのお父さんが(笑)フロントタイヤだけを持って来店!
「走ってて急に空気が抜けたって言ってた」とのこと。
「パンクですね。原因調べますね」

リムうちでした!(空気圧管理、怠ったな~!)

お父さんに原因を説明して
「ちゃんと空気圧管理しなきゃダメだよ」って伝えて下さいね。
ってお話をしたら
「きつく言っておきます!(^^)」と。

「今日、彼は?」
「来たかったみたいなんだけど、用事があって・・・」
「チューブ交換教えてあげるから、いつでもおいでって言ってあげてください」
「ありがとうございます。本人も喜びます!」

そんなやりとりがありました。

それがなに? って感じるかも知れませんが、ここでのキーポイントは
前輪とお父さんの顔を見て、その【自転車と持ち主】が結びつくという事。

お父さんがタイヤだけ持ってきた瞬間に
「あっ、OCRの子のお父さんですよね?」って・・・

こんな風に「お店の人に覚えてもらえてる」ってやっぱ嬉しいものですよね?

長く接客に携わってきた私にとっては「これが基本!」だと思っているのですが・・・
その一歩を大事にしたいので、衰えてきた記憶力に鞭を入れています(笑)

お客さんの「顔=名前=自転車、さらにその自転車の状態」
それらの記憶は、私の「宝物」になっていくのです。
だって・・・
いろいろな自転車乗りの方々との会話が弾み
そこから私も成長させてもらっていますから・・・

もちろん、このブログで出会えているみなさんからもね(^^)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

suke
2010年12月07日 11:10
お見事!!!
接客業?の、鏡ですね。
お客さんの立場からしたら、覚えてくれてる、
こんな嬉しいこと、ありませんもんね。
こういうことって、簡単に出来ることでもなく、
続けることも、大変なんですよね。

はるかぜさん、凄いなぁ。
毎日、同じことしてると、知らないうちに
基本を忘れてしまうことがありますが、
こうやって、常にお客さんの立場を考えてる、
立派です。

見習わねばぁ.....
はるかぜ
2010年12月07日 21:06
>sukeさん
コメントありがとうございます(^^)

「自転車に乗っている」
「自転車に乗りたい」
「自転車が好き」
そういったお客さんを迎える「接客」ですので、顧客が限定されています。
だから、お客さんには失礼なんですが(^_^;)「自転車仲間」的な感覚でお客さんと接しています。
sukeさんのとこも同じですよね?
ゴルフ好きなお客さんが中心でしょ?
sukeさんもゴルフ好きですもんね(^^)

「お客さんの立場=自分」に置き換えるのです~!
ね?結構簡単です(笑)
でもお客さんを観察する力と記憶する力は必要ですね(^_^;)

この記事へのトラックバック