「落車」話題の続きですが「素敵な話」を!

昨日の「落車」についての話題に続き
今日は違ったアプローチでのお話を・・・

当店のお客さんである、年配のロード乗りさん。
先日、手賀沼付近の一般道で
左手の脇道から一時停止を無視した車が右折。
(直進の自転車を完全無視です!)
思わず避けた瞬間に落車・・・
その車は倒れたその方の数メートル脇を
シカトして走りぬけていったそうです(怒!)

突然のことで一瞬、意識が飛んだそうで
倒れたまま「ボー」っとしていたら
そこを通りがかった「ロード乗り2名」+「車」
(お揃いのチームジャージだったそうです)

ひとりが行き交う車を止めて
もうひとりがすぐに駆け寄って抱き起してくれたそうです。
さらにそのふたりをサポートする車を運転していた方が
自転車を隈なく点検してくれて
さらに・・・
「具合が悪ければ自宅まで送りますよ」と・・・

お客さんはその無法自動車や落車のことよりも
「そのことが嬉しくて堪らない」と伝えてくれました。

その初老の男性はヨット生活が長く
先日「ヨット単独世界一周・最高齢」を達成した「斎藤 実」さんとお友達!
達成後すぐに電話が掛かってきたくらいの間柄で
海の生活の堪能してきた方です。

常々「ヨットマンに比べて自転車乗りは冷たいねぇ」
なんて言っていたのですが(笑)
今回の件でとても感動していました。
しかも3人ともかなり若い方だったようで
「素晴らしい若者がいるんだね(^^)」と。


私は「初ロード」のお客さんに必ず伝えます。
公道では自転車全体が弱者ですが
サイクリングロードでは「ロードバイク乗りが一番の強者です」と。
だから、スピードの出し過ぎは禁物!
ロードバイク乗りよりも弱い
「ウォーカー・ジョガー・ファミリーサイクリスト」を守らなければいけない立場。
そんな意識を持って乗ってくださいね。と伝えます。


今回のお客さん。
「初落車」の混乱の中で、ひとつ悔やまれているのが
助けてくれた方がどこのチームの方だったのか・・・
把握できていないそうで
改めてお礼を言いたいのにできないことだそうです。

もしもこのブログを訪ねてくれる方に心当たりがあれば
代わってお礼を伝えたいと思います。

素敵な自転車乗りの方に感謝!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kincyan
2011年11月16日 07:14
素晴らしい話ですね。私もそうありたいと思います。

落車の件は、おっしゃるように初年度が多かったように思います。ご飯を食べた後の午後一番とかも注意ですね。
マロン
2011年11月16日 13:54
はるかぜさん、お久しぶりです。

いつもステキなお話ありがとう。
ホント心温まります。自分も是非そうでありたいと再度認識しました。またこの話、かなりの若者ってのがすごく嬉しいですね。近年、最近の若者はなってないなんて言われることが多々ありますが、まだまだこの国も捨てたものじゃありませんね。
2011年11月16日 18:28
サポートカーが付いているってことは、
完全にそちらの世界の方達でしょうね。
きっとそこにたどり着くまでに、幾度と
なく同じような事態に接していくなかで、
一般の人では少し躊躇してしまうような
ことでも、当たり前の様に、また速やか
に対応出来てしまうのかと。
見習いたいことではありますが、果たして
自分がその場に居たら、どのような判断を
していただろうか・・・と考えてしまい
ます。
事象は異なりますが、以前、メカトラブル
っぽいローディーに声を掛けた後に、
ちょっと嫌な思いをさせられた経験もあり
・・・って今回の件と比べてはいけません
がね(^^;
はるかぜ
2011年11月17日 19:36
>kincyanさん
本当に心温まる話でした。
何よりもお客さんに怪我がなかったし…

あー!そういえば
先日、銚子まで行った時の息子のパンクは昼食後すぐでした(^_^;)
hるかぜ
2011年11月17日 19:43
>マロンさん
ご無沙汰です~(^^)

そうなんです。
そのお客さんも言ってました。
「最近の若者は…っていうのは間違いだね(^^)」って。

まずはすぐ身近な若者である息子に、そうあってほしいと強く思いました。
親として…、大人として… 伝えていきたいです(^^)
はるかぜ
2011年11月17日 19:57
>けんぞーさん
きっとその方々は経験が豊富なのでしょうね。
自分だったら…
そんな回想は僕もしています。
メカトラで困っている人には声を掛けることが出来るでしょうが…

でも、けんぞーさんはそんな場で嫌な思いをされているのですよね?
声を掛けるのも善し悪しなのでしょうか?
ちょっと気になります…。

この記事へのトラックバック