ホイールの選択に悩む・・・

仕事柄(自転車ね)
「講習会」なるものを年に何度か体験します。
「シマノテクニカルセミナー」なども、そのひとつです。

メーカーの営業担当やメカニックが、お店に訪ねてくれることも・・・

そんな中のひとつで、先日MAVICのメカニックが
(業界ではかなり有名なお方です)
ホイールのテクノロジーやメンテナンス
更にはセールストークのアドバイスに来て頂きました。

ここから先は、あくまでも「MAVIC」のセールストークとして
受け取って頂きたいと思います。

いろいろな話を伺ったのですが、一番印象に残ったのが

MAVICは「リムメーカー」
シマノは「ハブメーカー」という言葉。

それだけ聞いても「ん?」と思いでしょうが

例えば、両社が出している同じ1500gのホイールがあるとします。

MAVICはリムで軽量化。
シマノはハブで軽量化してると思って下さい。

皆さんも知る通り
ホイールの縦回転(いわゆる巡航性能)に必要なのは
リムの「横向き強度」です。

「えっ?そうなの?」と感じた方。
自転車って基本的に、左右にペダルを漕ぎますよね?
シッティングではあまり感じないでしょけど
ダンシング時を思い起こして下さい。

バイク、左右に振れますよね?

その左右への「横の運動力」を
縦方向への力に無駄なく伝える為には
「ぶれ」を極力抑えなければいけません。

そこで「リムの強度」が必要になるのです。
(横への無駄な力をなるべく少なくする)

結果、リムの強度(踏ん張り)が強くなれば
巡航に必要な「縦への力」をダイレクトに伝えられるのです。

MAVICのホイールはそこを目指しているそうです。

そして、ホイールは回転を繰り返します。
出来る限り「外側」を軽量化することによって
走りの「軽さ」を感じることが出来るということなのですね。

リムの表面を削り出す技術があります。
(軽量化のため)

MAVICは完成型のリムを削ります。
リムの強度と、それに合わせたスポークの強度を造り出せるからです。

ですが他のメーカーが行っている同じような「削り出し」は
最初からリムを肉厚にして、そこから削っているので
結果的に「軽量化」には繋がらないようです。

ハブの性能は、シマノがさすがのようです。
ホイールの回転性能は、ハブの性能も大きな役割を補っています。

そこでもう一度思い出してほしいのですが
MAVICはリムメーカー
シマノはハブメーカー
です。

この両社で比べれば、同じ重量なら
走りが「軽い」と感じるのはどちらか・・・・・・


あくまでもMAVIC側のセールストークを基準に書かせてもらいました。
どちらがいいかなんて「答え」はありません。

もちろん、他のメーカーもある訳ですしね(^_^;)

私個人的には「ZIPP」や「COLE」なんかもカッチョえぇーと思ってますし(笑)


※あくまでも参考までに・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ともちん
2012年04月26日 23:05
こういう話をじかに聞けるのは羨ましいですね~。
>MAVICはリムメーカー、シマノはハブメーカー・・・
ってことは、私の車輪はウヒウヒ
2012年04月26日 23:55
なるほどぉ~d(´∀`*)
ということは、対抗は“キシリウムSL”。
(いや、逆かも?)
他のブランド編、お待ちしておりますm(_ _)m
kincyan
2012年04月27日 09:39
自転車好きの方々も唸る深い話ですね。ということは、ハブはシマノ、リムはマビックで組んで貰うと良いのですか。60歳記念車の参考にさせて頂きます。
はるかぜ
2012年04月27日 21:27
>ともちんさん
さらにスポークが「DT SWISS」ときた日にゃ、そりゃ~あんた、涎もんですわな(笑)

ともちんさんのホイールは、贅沢な手組ですね(^^)v
はるかぜ
2012年04月27日 21:38
>けんぞーさん
残念ながら、他メーカーのネタはありません(笑)
ただ「ZIPP」は空気抵抗に徹底的に拘り、リム形状に特許を取得するほどのホイールです。
値段もかなりですが…(^_^;)

それとMAVICのメカニックが、50gの違い(ホイールの)が判る人間がいたら会ってみたいと言っておりました(笑)
結局は実重量では無く、感覚なのでしょうね。
走ってみての「軽さ」って!(^^)
はるかぜ
2012年04月27日 21:50
>kincyanさん
ともちんさんの愛車はまさにそうでした。
クロモリバイクに合わせた、まさに「拘りの一品」ですね(^^)
ただ完組のホイールは、リム・ハブ・スポークを適材適所に組み合わせ、まさにメーカーのテクノロジーを集結させております。
個々のパーツがどれだけ優れていても、その良さを最大に発揮できるように組み合せていなければ、パフォーマンスは低下してしまいます。
そこが「完組ホイール」ならではの良さですね!
乗り方やバイクとの相性もありますし、選択の難しいパーツです。
安くないし…(^_^;)
断腸亭
2012年04月28日 03:53
ハブのシマノ、リムのマビックと言われても、自分で組むか、お店で組んでもらうしかないですね。
私は、自分で組めるようになるまでは、完組を使うつもりです。
完組は、安くて優秀だと思いますね。
はるかぜ
2012年04月28日 09:01
>断腸亭さん
kincyanさんへのコメントでも記しましたが、完組には完組ならではの良さがあります。
僕もまずは完組ホイール!(^^)
ともちん
2012年04月28日 21:19
私もホントは自分で組んでみたいですけど。。。ロクなものにならないだろうと想像できちゃいます。

ちなみに、私の手組みは諭吉さんが5人居ればお釣りがきますよ。
はるかぜ
2012年04月28日 21:41
>ともちんさん
組むのは難しく無いですよ!
基本的な作業の繰り返しです。
ただ、全体のバランス(振れやテンション)を仕上げるのには技術と経験が必要ですね。
みなさんが出来るようになると、こちらは商売になりません…(笑)

単体販売のリムやハブ・スポーク、そんなに高価では無いですよね?
手組ならではのコスパです(^^)

ハイテクなものを単体販売して手組しても、パフォーマンスが発揮できないからです。
テクノロジーの組み合わせ方=ホイールの値段。
これが完組です。
(だからこそ低価格から高価格まであります)

でも、組み合わせによって無限に広がるホイールの性能。
そこが手組の最大の魅力ですね(^^)
2012年04月29日 19:24
私は古い自転車乗りなので、ハブはサンツアーシュバーブ、リムはアラヤと刷り込まれております(苦笑)。
いや、ホントにシュバーブのハブは今でもシマノに勝てると思ってます。今のギアシステムに使えないのが惜しいdす。
はるかぜ
2012年04月29日 20:28
>SC15Rさん
サンツアーはハブも製造していたのですね!?
しかもシマノを超える性能とは!
勉強になりました(^^)/

アラヤのリム。
「COLE」のホイールに使われていますよ!
未だ世界でその存在を認められております!(^^)
Gibson
2012年05月01日 15:06
素人の我々からすれば、メーカーの言い分など一長一短あるにしても、
(例えば)10万円クラスのホイールならば、どこのメーカーのものがお買い得なのか知りたいですね。

まあ、個人的な好みの問題にはなると思いますが…。
はるかぜ
2012年05月01日 22:01
>Gibsonさん
この記事へのコメントを読んでいて、やはりホイールは関心の高いパーツなのだと再認識しました。

今回はあくまでも「MAVIC」のセールスコメント。
少しでも参考になればと思い、書かせて頂きました。
各メーカー、それぞれに「売り」はあると思います。

自分の走るスタイルによっても変わってきますし、最終的には「好み」になるのでしょうね(^^)

この記事へのトラックバック