アイちゃん号のレストア、更に進歩。

先日の「アイちゃん号パーツネタ」
訂正しなきゃいけない事実が・・・


クランクも「SAKAE CUSTOM」と記したのですが
(あやふやな感じではありましたが)
こんな刻印がありました。
画像














シマノですね(^_^;)
ちなみに、アウター50T。インナー40Tでした。
クランク長は165㎜。

本日、自転車店勤務中に「アイちゃん号」をお手入れ。
(決して仕事をさぼっていたわけではありません)(笑)

潰れていたと思っていたBBのボール、一個出てきました!
これで偶数です(笑)
前記事でも記しましたが、リテーナー無しの直ボール。
片側11個です。
シャフトとボールとフレーム内を綺麗に掃除して、グリスアップ。
玉当たりも調整です。(完璧~!)
画像















ヘッドパーツもばらしてみましたが、こちらも奇跡的に無事でした。
外部を磨き、リテーナーも掃除してグリスアップ。
画像














リテーナー。左がビフォー、右がアフター
画像














画像















こんなに綺麗になりました!
画像















クランクも磨いて、黒い部分はリタッチ。
遠目から見たら完璧です(^^)v
画像















フレームも掃除して、ワックスを掛けた姿がこちら。
画像















改めて申請しますが
決して仕事をさぼっていた訳ではありません。
暇だっただけです・・・(^_^;)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2012年06月22日 00:01
いや、こういう作業をしているのも、
結構話の種になるかもしれません。
何がきっかけでお客と繋がりが出来る
か判りませんからね~。
スポーツ車は、品揃えや価格もさること
ながら、スタッフの方々との信頼関係に
尽きると思っています(o^-')b
そういえば今日、いつものお店で、
「ブリジストン ユーラシア」という
30年くらい前の自転車を見かけました。
「なぜここにあるの?」までは聞きません
でしたが・・・どうするつもりなんだ
ろう(^^;
tac-phen
2012年06月22日 04:31
ここまで分解するとめちゃきれいになるんですね。
走りも全然変わってきそうです。
自分でここまでやりたいですが...
元に戻せなくなりそうで怖いです。(笑)

ブログランキング、ポチリ。
kincyan
2012年06月22日 07:20
さすが、本職でいらっしゃいます。綺麗になるものですね。ヘッドパーツやBBは別にしても、少しは分解掃除が出来るようになりたいな…。
はるかぜ
2012年06月22日 08:32
>けんぞーさん
何と言っても、ALANやALPSや三連勝といった名フレームがやってくる現場ですので(^^)v

ユーラシア!?ロードマンのお兄さんじゃないですかっ!
テンチョさん、何を企んでいるのでしょうか…(笑)
はるかぜ
2012年06月22日 08:39
>tac-phenさん
コメントありがとうございます(^^)/
本腰を入れればもっと綺麗になるのですが、このへんで勘弁しておきます(笑)

みんながみんなここまで作業できてしまうと、自転車屋さんが商売になりません~(^_^;)
はるかぜ
2012年06月22日 08:48
>kincyanさん
レストアの本を読むと、本格的な薬剤を使ってもっとピカピカにしたり、塗装を塗り直したりなどしているのですが…
そこまでやってしまうと、その自転車の歴史までリセットされてしまいそうな気がして…
フレームやパーツのある程度の傷も、ビンテージマシンの「味」だと思っている僕です(^^)
2012年06月22日 20:36
使い込んだ傷もその自転車の歴史と思えば味ですよね。私の古い相棒のキャンピングのあちこち傷だらけで眠ってます。
お店で古い自転車をいじっていると、そう言うのが得意かと思われてますます集まって来るのでは?
ともちん
2012年06月22日 21:07
「いや~参ったな~、こんな古いロードマンを乗れるようにしてくれっていうお客さんがいてさ~。」って言えば、堂々とシゴトとして取り組めたりして(笑。
はるかぜ
2012年06月22日 21:09
>SC15Rさん
ピッカピカの新品状態に戻すのも素敵だとは思うのですが、その自転車が刻んだ歴史を「味」として残すのもありだと僕は思ってしまいます(^^)

お店に古い自転車ばかり持ち込まれても、それはそれで楽しそうですが難しい問題をいっぱい抱えそうなので、家に連れ帰って来ました~(笑)
はるかぜ
2012年06月22日 21:13
>ともちんさん
じつはそれに近い状況です(笑)

この記事へのトラックバック