「落車事故」に気をつけましょう!

またまた常連さんが落車してしまいました。

サイクリングロードなのですが
ちょっとした地下道になっている場所です。(しかもカーブ)
歩行者と自転車のレーンが分かれているのですが
カーブを曲がり切って地上に出た瞬間
自転車レーンに歩行者が飛び出してきたそうです!

ブレーキを掛ける間もなくハンドルを切ったのですが間に合わず。
歩行者にぶつかり、そのまま柵に突っ込み
さらに前方に飛ばされたそうで・・・

周囲の人がすぐに救急車を要請したぐらい
ひどい落車だったようです。

幸い、歩行者に怪我はなく
本人も救急車をキャンセルして自走で帰宅(25㎞ほど)

翌日病院に行ったところ
肋骨3本と鎖骨が折れたいたようで!
擦過傷は数知れず・・・
ヘルメットも潰れていたらしく、でもお陰で頭部は無事。
フレーム(カーボン)はトップチューブにクラックが・・・


この落車での問題はふたつ。
ひとつは「歩行者側のルール無視」
もうひとつは「自転車側のルール過信」

もしも歩行者がちゃんと歩行者レーンを歩いていたら・・・
もしも自転車がいつでも止まれるスピードで走っていたら・・・


私は常日頃からお客さんに
「自分以外を信じないほうがいいですよ」
と伝えています。

・車は止まってくれないもの
・歩行者は後ろが見えないもの
・脇道からは何かが飛び出してくるもの

そういった考え方をしなければダメなのだと思っています。

レースならまだしも
サイクリングは「命」を掛けてまで楽しむものでは無いです。

怪我で済んだ今回の事故ですが
「死」に至る危険と常に背中合わせなんです。
それに対する「恐怖心」を忘れてはいけないのです。

落車に関して、現場ではよく話を聞けます。
それをこうして伝えることによって
みなさんに時折「気を引き締めて」もらえたらと思います。

気をつけてサイクリングを楽しめるためにね(^^)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ぎざっろ
2012年09月05日 09:05
自転車で走っていて、ヒヤリとしたり、危ないな~と感じることは、毎回乗るごとに必ずあると言って良いくらい、頻繁にあります。
てことは、いつ事故ってもおかしくない状態で、結構マズいんでしょうね~。
とにかく危険を想像する力が大事なんじゃないかな~と思ってます。
お互い気を付けていきましょう。
はるかぜ
2012年09月05日 21:07
>ぎざっろさん
ぎざっろさんくらい走っていれば、かなり「危険」を感じた瞬間があるでしょうね。
紙一重で事故に繋がっていないのだと思い直す機会になれば幸いです。
仰るとおり「想像」です。
危険を想像するのは必須だとして、さらにもしも…の先を想像すれば、無理な走りにならないのかなぁって思います。
友人が怪我をしたりするのは辛いです。
過剰過ぎるくらいで丁度いいので、互いに気を付けましょうね!
ともちん
2012年09月05日 21:11
最近は交通弱者として走る方を選択する機会が増えています。
CRよりもクルマと一緒に車道を。
ま、道路状況にもよりますが、道の選択がポイントですね。
少なくとも加害者にはなりたくないですし、被害者になった場合も自分に過失がないとは言えないことが多そうですものね。
はるかぜ
2012年09月05日 21:42
>ともちんさん
先日はそのご配慮のお陰で、安心して「奥多摩」を堪能できました!
CRでの自転車は交通強者ですから、守らなければいけないモノがいっぱいあります。
一般道ならば守られる立場でもありますが…
被害者にならない事への細心の注意をしながら走らなければですね。
痛いのヤダもん!
2012年09月06日 07:18
単独事故ならまだしも、人を巻き込んじゃうのはイヤですね…。
自転車乗りはヘルメットをかぶってますが、歩行者は無防備なので最悪の状態になりかねません。

今回の事故の原因は分かりませんが、サイクリングロードとは言え、スピードを出していい場所とスピードを出しちゃいけない場所がある事を理解出来ない人はサイクリングロードを走っちゃいけないと思ってます。

埼玉県では「サイクリングロード=人と自転車が共有する道」と定義しています。(県のホームページより)
自転車と人の道を区分けしているとかしてないとかではなく、そもそも、どのような場所であっても共存する意思を持たないとイケナイと感じます。

常にそういう危険性がある事を意識しながら乗りたいです。
長々失礼しました…。
kincyan
2012年09月06日 07:52
危なかったですね。自転車と人との共存は、いろいろ課題を抱えています。江戸川CRは比較的広いですが、多摩川CRは狭いので、人身事故の可能性が高いようです。基本は、人の歩いている可能性のある所では、直ぐに止まれる速度で走るということでしょうか。車道のほうが安全な気がしますが、いずれの場所でも五感を研ぎ澄ませて走らねばなりません。
はるかぜ
2012年09月06日 18:50
>イガイガさん
お客さん本人もかなり反省をしておりました。

>自転車と人の道を区分けしているとかしてないとかではなく、そもそも、どのような場所であっても共存する意思を持たないとイケナイと感じます

これです!この考え方こそです!
素晴らしいコメントありがとう、イガイガさん(^^)

はるかぜ
2012年09月06日 18:58
>kincyanさん
多摩サイの話はよく聞きますね。
ともちんさんも仰ってますが、一般道(車道)のほうが安全とも言えるでしょう。
ただそれは「加害者側」になる危険が減るだけで、被害を被った時には大きなものになりかねません。
気はしっかりと張っておきたいですね。

この記事へのトラックバック