こちら「はるかぜキッチン」?

少し前の話ですが、料理ネタを…

合い挽きひき肉1kg780円
画像











こいつを使って、いざチャレンジ!


まずは、玉ねぎをゆっくり・じっくり炒めます。
画像











でも、ハンバーグではありません。

さらに、みじん切りにしたキャベツに塩をふり、しばらく放置。
画像











その後、しっかり水分を絞ります。
(塩をふっておくことで水分が出やすくなります)

ひき肉・玉ねぎ・キャベツに
牛乳でふやかせたパン粉や調味料を加え、よくこねます。
画像











そして、形にします。
画像











この姿を見ると、やっぱり、ハンバーグっぽい(笑)


でもこれに衣を付けて油で揚げると…
画像











「メンチカツ」になります!
(22個も出来ました!)

この晩は妹家族が来ていたのですが、みんなに大好評でした~(^^)v


ハンバーグの場合
牛肉の比率を多めにすることで「噛みごたえ」が出ますが
メンチの場合は5:5ぐらいが丁度いいような気がします。
さらにキャベツを加えることで
カリッとした衣の歯応えに相反して
中は、かなりフワっとしたジューシーな感じになります。


最近さらに料理が面白くなってきて、冷蔵庫にあるものを使い
「小松菜とツナの炒め」や
「カニカマと溶き玉子の吸い物」を作ったり…

具材の組み合わせや、それに施す味付けによって
「何が作れるか?」 
「どんな味になるか?」
そんな事を考えながら作るのが楽しい(笑)

そして、それを食べる家族の「反応」が楽しい。


ヤバい…
自転車ネタが乏しいこの時季
(こちら「はるかぜキッチン」です)的なブログになりそうで怖い…(^_^;)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

断腸亭
2013年02月14日 06:50
はるかぜさん、脱帽です。
完全にまいりました!
すごいです。
食べたいです。
テガ
2013年02月14日 11:51
はるかぜさんの料理はとてもクリエィティブ!
そうかキャベツを入れるのか、同じく脱帽です。
またヒントくださいね。
はるかぜ
2013年02月14日 20:57
>断腸亭さん
いえいえそんな大袈裟な(^_^;)
ハンバーグよりはちょいと手間が掛かりますが、ボリューム&コスパが高いです。
実は、このメンチカツ。
揚げたてよりも少し寝かしたほうが美味しかったです。
ともちん
2013年02月14日 20:59
最近、家庭で揚げ物をする人が激減しているそうですよ。
確かに揚げる人は大変ですが、揚げたてを食べるだけの人(ボク)は幸せな気分に浸れると思いま~す。
はるかぜ
2013年02月14日 21:03
>テガさん
お褒め頂き光栄です(^^)
キャベツの割合によって食感を変えることができるのですが、どちらにしても水分をしっかり絞り切ることが大事だと思います。
ぜひチャレンジして下さいませ!
はるかぜ
2013年02月14日 21:12
>ともちんさん
嫁も揚げものを面倒臭がります(^_^;)
せいぜいトンカツか唐揚げぐらいなので、先日僕がミックスフライを作りました。
チキン・ウインナー・うずらの玉子・イカ・はんぺん…
仕込みにはひと手間掛かりますが、揚げる手間は一緒なので、それで色とりどりの揚げものが楽しめました。
でも揚げてるとそれだけでお腹いっぱいになったりします(笑)
kincyan
2013年02月16日 10:44
なんだか、いろんな材料を集めて模型を作るみたいですね。素材に合わせて、手加減を加える。数時間で結果が見えるのもよいです。家族の方にも喜んでもらえますしね。息子さんは、血筋を引き継いでいますか?
はるかぜ
2013年02月17日 22:35
>kincyanさん
確かに、料理って工作に似ていますね。
子供の頃からプラモデルや木工が好きだった僕が、料理や自転車整備の世界に従事してきた事って自然なのかなぁ(笑)
息子もかなり台所に立つようになりました。
それなりに面白いようですよ(^^)
グーフィーパパ
2013年02月17日 23:22
うまそーですね。
適材適所と言う言葉がありますが具材も正に然りだと思います。入れ過ぎてはいけない、引き過ぎてもいけない。正に KING OF MENCHI !
妻の作るそれには人参、ピーマンが入りそれは既にMENCHIとは呼べない者(あえてこの字)になっています。一応食えなくはないです。食えなくは。
常に橋本真也・小川直也の異色最強タッグのごときコンビネーションを見せるのが彼女の持ち味です。
一応、彼女の名誉のため菓子作りはプロ級と添えさせて頂きます。
はるかぜ
2013年02月18日 20:59
>グーフィーパパさん
料理に正解はありません。
それは、食べる側にもそれぞれの味覚があるから。
逆にいえば「自由」なのです(^^)
僕も結構、異色なコンビネーションを試したりしますよ(笑)

お菓子を上手に作れる女性って素敵です(^^)
僕はそっち関係全くダメです。
http://www.fetang.com/
2013年08月01日 18:12
はじめまして。突然のコメント。失礼しました。

この記事へのトラックバック