たくさんの仲間と「佐原」を満喫

23日土曜日は集団サイクリングに参加させてもらいました。

テガ親分企画の「佐原・香取神宮ツーリング」です。

テガさん・kincyanさん・Gibsonさん・emoさん
IWAさん・dadashinさん・Bさんの7名は手賀沼CRで待ち合わせ。
市川やら船橋からなど、そこまででも結構な距離を走られてる方々も…(^_^;)

私と息子は印西市の利根川沿いにあるコンビニで合流です。

いざ出発!
画像















このあと「若草大橋」で茨城県側へ。
残念ながらemoさんとはここでお別れ。
(急遽、午後から所用ができた模様)

あっ、今回デジカメを忘れた私ですので
度々こうして「息子が撮った写真」を使わせてもらいます(^_^;)

「菜の花とはるかぜ」(笑)
画像















まだこの頃は青空も見えて、やや汗ばむ陽気。
ただ、風向きは確実に北から北東へ変わり始め、強さも増してきました。

利根川CRのオアシス「江口百貨店」
画像













この後「水郷大橋」を千葉県側に渡り「道の駅 水の郷さわら」にて
断腸亭さん・呑ちゃん・しゃあさんと合流です。
(3人は、しゃあさんの車でここまで来ました)

ここからは総勢11名(全員ロードバイ)で目的地へ…

ダンっ!
画像














この頃になると空は厚く低い雲に覆われ始めました。

「香取神宮」に到着!
画像














のはずなのに…あれ?
テガさんが「こっち、こっち!」とみんなを呼びます。

「あれ?どこ行くんだろう?」

多分皆さんそう思いながら、テガさんの後を付いていきます。
ちょっとしたアップダウンを繰り返した後
「ここからちょっとした坂上りますよ~。がんばって!」とテガさん。

ちょっとじゃ無かった…(笑)

「この坂上らせたくて、こっちまで来た」との事。
(親分、“S”や…)

でもそこは「総門」のすぐ裏手でした。
(境内の参道を歩かなくて済んだわけね)
画像











そして「楼門」
画像











参拝を済ませた皆さん。
画像












さて、飯喰いに行こー!
という訳で佐原の街中にある「おけまつ」さんへ。
画像











もちろん「カツ丼」です。(並 900円)
画像











こちらは、しゃあさんご注文の(上 1100円)
画像











さながら「カツ丼パーティー」(笑)
画像











肉と玉子と玉ねぎのバランス。
絶妙なタレの味付けと量。
文句のつけようが無いくらいの美味しさです。
通いたい…(笑)

その後は「佐原」を散策。

小野川に架かる「樋橋」(とよはし)からの風情(通称じゃあじゃあ橋)
由来はこちら(外部サイトhttp://www.city.katori.lg.jp/05sightseeing/sights/024.html
画像











橋の上に群がる怪しい輩(笑)
画像











そして「たい焼き」
画像











あんこが透けて見えるくらいの薄皮で
甘味も丁度よく美味しゅうございました。

このたい焼き屋さん、本業は古書店です。
「ドライブスルー」って…(^_^;)
画像















「佐原駅」にも立ち寄りました。
画像











佇まいに趣きがあります。

こうして佐原の街を満喫させて頂きました(^^)


この後一度「道の駅」に戻りました。
断腸亭さんと呑ちゃんはご実家の銚子へ向かいます。
しゃあさんはお車で帰宅。
他8名は往路と別のコースで戻るという形。
利根川CRを西へ帰るなら、かなりの追い風で楽チンなはず。
でも私は、親分の眼にキラリと浮かぶ“S”な光を見逃しませんでした(笑)

よって断腸亭さん・呑ちゃんと一緒に「銚子」へ向かう選択を。
(実はそれ以外に、息子の身体の変調に気づいていたので…)

いや~、それにしてもここからの向かい風はかなりでした…

(大丈夫かなぁ…)
そう感じていたのですが、息子本人が自ら言いだすまで待ちました。
自分の身体ときちんと向き合って判断する。
これも自転車乗りには必要なことです。
そう… 「もう無理」という息子の言葉
ただ、その時には顔が真っ白で、唇も紫色に…(^_^;)

確かにかなり寒く、さらに冷たい風に体温を奪われ…

天気予報をあてにし過ぎて、防寒対策を甘くみた結果ですね。

丁度「小見川駅」が近くだったので
そこから輪行で帰る決断をしました。
呑ちゃんを心配して、断腸亭さんも輪行を決断。

にしても、次の電車まで1時間(^_^;)
そこで、駅前にあった怪しい食堂で暖をとることにします。
画像











凄いです!
昭和10年代にタイムスリップです。
私と断腸亭さんはこの店構えを見ただけで卒倒しかけました。

この画も素晴らしい。
画像











コップは汚れも有り、さらに黄ばんでました(笑)

身体を温めるために息子が食べたラーメン。
画像











これがまた懐かしい味で…
その昔、呑んだ後に屋台で食べたラーメンそのものでした。
(これぞ中華そば!)

お洒落なんて言葉には無縁の
でもなんだかホっとさせてくれる素敵なお店でした(^^)
お母さんも気持ちの良い方だったなぁ。

さて、楽しい旅も終りです。

互いに別の方向へ向かう電車に乗り込み、小見川を後に…
画像











成田線を乗り継ぎ「木下駅」で下車です。
嫁さんと娘が車で迎えにきてくれました。


その夜、本日ご一緒した何名かの報告によると…
復路はジェットコースター級のアップダウンだったとの事。
親分のしたり顔が目に浮かびます(笑)

180㎞を越える方も・・・

皆さん本当にお疲れ様でした。
お陰で今年の誕生日ランも忘れられないものとなりました。
ありがとうございました(^^)


※長文お付き合いくださり、ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ともちん
2013年03月24日 18:41
土曜日、意外と涼しかったですよね。
写真で見る限り見晴らしの良い景色に見えますが、風の影響が大きいのでしょう?
向かい風さえなければ、最高のコースだと思います。
餡子好きの私は、人形町~麻布~四谷と御三家を食い倒れてみたいものです(^^♪
テガ
2013年03月24日 19:22
父子でのご参加ありがとうございました。
お父さんよりはるかに立派な体躯、驚き且つ嬉しくなりましたね。
銚子方面に行かれて正解だったです、ご子息の不調は何となく感じていましたので成田の丘で判断が鈍ったと思います。無理やり曲がりましたから。
でもね、ここだけの話、大した坂でもなかったんですよ(笑)
ハムの入ったラーメンには笑いました。久しぶりに見たなぁ。

また参りましょう。ご子息にお疲れ様とお伝えください。
はるかぜ
2013年03月24日 19:40
>ともちんさん
佐原付近の気温が12℃ほどだったと知りました。
風は北東7~8mぐらいだとすれば、体感温度はかなりの低さです。
そんな中、半袖ジャージ&薄いウインドブレーカーだけの息子。
そりゃあ唇も紫になるわいっ!って感じですね(笑)
はるかぜ
2013年03月24日 19:58
>テガさん
体躯ばかりのスプリンターで申し訳ないです(^_^;)
さすが親分、気が付かれていましたか…
下総台地の坂は何度も車で走っていますので、程度は判っていました。
もちろん、普通であれば難なく走り切れる坂です。
ただ、息子のあの状態では皆さんに迷惑を掛けると判断し、更に銚子までは無理だなと感じながら、いつでもDNF出来る選択をさせて頂きました。

この店構え、「テガさんも大喜びするだろうね」なんて、断腸亭さんと盛り上がりました。
ハムは凄いです!(笑)

息子、テガ親分の気質に惚れこんだみたいです(^^)
これに懲りず、またご一緒させてくださいね。
2013年03月25日 07:42
ラーメンにハム。
子供の頃、貧乏人だったためにチャーシューじゃ無くてハムがのっている出前一丁をよく食べた想い出が蘇ってきました。(しみじみ)

佐原の街並み良いですねぇ。映画やドラマのロケ地みたいです。
ちょっと川越からは遠いかな。
kincyan
2013年03月25日 12:39
銚子行は、結構気候条件が厳しかったんですね。ご苦労様でした。成田に行っていると、テガさんに引っ張られて坂登をして、暖まったかもしれませんね。レトロなラーメン屋、悪くないですよ。
2013年03月25日 14:00
はるかぜさん。 やはり銚子が悪かったんですね。
あ! いや、調子です。
なんたら百貨店から先は力(りき)が入って無かったので、実は心配してました。 なので、ずっと並走しました。
21才、亡くなった二男と同い年で、太り加減も似た感じ。 なんか懐かしかったなぁ~。

はるかぜさん、またよろしくですよ。
はるかぜ
2013年03月25日 21:39
>イガイガさん
昔は、家庭で食べる即席ラーメンって基本、ハムでしたよ~。

佐原の小野川沿いはAKBのPVをはじめ、いろいろとロケ地に使われていますよ。
川越と同じく「小江戸」と呼ばれる佐原。
電車か車にて、ご家族といらしてみては?(^^)
はるかぜ
2013年03月25日 21:45
>kincyanさん
どちらにしても息子の体調では無理かなぁ…。
そう感じていたので、皆さんに迷惑を掛けず、いつでも離脱できる選択をさせて頂きました(^_^;)

このお店のレトロ感。
きっとkincyanさんもお気に召すと思います(^^)
はるかぜ
2013年03月25日 22:07
>Bさん
ご心配お掛けしました。
でも息子もBさんと「いろいろ話せたよ」と喜んでおりました。
もちろん、Bさんのそのような思いは知らずに…

Bさん。
心の拠り所として許されるなら、あんな息子ですが、またご一緒させて下さい。
もちろん、私もね(^^)

この記事へのトラックバック