久々に親子水入らずでロングラン!

当ブログに記した、今年の走行日記を見直してみた。
最長距離がなんと! 72km

ん?
3桁走ったのっていつ以来だ?

そう思って更にブログの日記を振り返ってみると…
2年以上前の「ホキ美術館ポタ」でした(^_^;)
http://blue-corratec.at.webry.info/201211/article_6.html

「よし!久しぶりに100km走るぞ!」

そう意気込んで、今回は気合入りまくり!
とはいえまともな自転車は3ヶ月ぶり…
不安を抱きながら朝8時半に出発!
(予定より30分遅れ…)

早起きした息子はしっかりと朝食を摂ったのですが
前日忘年会だった私はそんな時間の余裕がなく
途中のコンビニでとりあえずの朝飯(笑)
画像



















いや~寒い!
日陰の路面はうっすら凍結しているほどです。
出発時の気温は氷点下!
この冬の最低気温を更新した朝でした。

印西市の小林から栄町の布鎌を抜けて利根川に架かる「若草大橋」
画像



















写真では見えないかも知れませんが、左手には「富士山」が綺麗に!

川面はキラキラ輝いています。
画像



















この辺りからようやくお陽さまが元気になってきて、体も暖まってきました。

牛さんも日向ぼっこですね。
画像



















いつも走る土手のてっぺんであるサイクリングロード。
その一段下に広くて綺麗な道がありました。
「こっち走ってみんべ」
なんてノリで降りてみます。
「どこまで続いてるかね?」なんて話していた矢先…
・・・道が無くなりました(笑)

結局担ぐのね…

でもここで思わぬお宝画像!
息子が移してくれた写真です。
FBのカバー写真にもしちゃったくらいカッコイイ!
ブログのカバー写真にも使っちゃいました!
(それとはちょっと違うアングルで)
画像













ちなみに私が写した息子の写真(笑)
画像




















常陸大橋のたもとにある「江口百貨店」にて缶コーヒーで暖を取り一服。
ここは利根川CRのオアシスです(^^)
なんといっても百貨店ですから!
画像



















フォローの風に背中を押され余裕の我が親子。 「水郷大橋」で千葉県側に戻ります。
画像




















佐原の街中をウロウロしながらたどり着いた「佐原駅」
相変わらず「銭湯」のような佇まいを放つ駅舎です(^^)
画像



















この駅前からGoogleマップで追いかけて、たどり着いたのが
本日の目的である「桶松(おけまつ)」さん。
去年の3月に行われたサイクリング企画で訪れた「かつ丼」のお店です!
(当時の日記 http://blue-corratec.at.webry.info/201303/article_5.html
画像



















11時ちょっと過ぎにとうちゃこしました!

前回は「並」を頂いたので、今回は「上」を!
画像



















「あれ?」
正直、お肉こんなに薄かったかしら?って思いながらも
タレの絡んだご飯はとても美味しい!
量もかなりで、大食いの私たちも大満足でした。

満腹親子はすぐそばにある「忠敬橋」へ。
「佐原」といえばこの風景ですね。
画像



















小野川沿いに建つ「伊能忠敬旧宅」を中心に連なる「重要伝統的建造物群保存地区」です。
しかし! 日曜日だというのに観光客が少ないこと…(^_^;)

伊能忠敬旧宅前にある「桶橋(おけはし)」通称じゃあじゃあ橋からは
その名のとおり水がじゃあじゃあ落ちていました。
画像



















すいません。自転車立て掛けちゃいました(^_^;)
画像



















この付近の情報はこちらで
(外部サイト 佐原の町並み http://www.katorishi.com/machinami.html

もうひとつの目的は「たい焼き」(笑)
普段は進んで甘味を摂らない私ですが、前回訪れた時に感動したのです。
「忠敬橋」のすぐそばにある古本屋さんの軒先で
老夫婦が仲良くこんな道具で一匹一匹焼いてくれます。(110円)
画像














あんこが透けて見えるくらいの薄皮で、焦げの香りがまた堪らない!
画像















このたい焼きを嫁さんと娘に食べさせてあげたくて、本日はお持ち帰りです。
さて、たい焼きが熱いうちに帰りますかね…

「道の駅 水の郷さわら」に寄ってピーナッツソフトクリームを堪能しようと思ったのですが
あまりの寒さと満腹で断念です。

素直に着いた帰路ですが、当然のお約束で帰りはアゲンスト(笑)

なぜこうも坂東太郎は私たち親子に試練を与えるのでしょうか…
でも、いつもに比べればまだマシだったかな(^_^;)

往路とは逆に千葉県側を走ってみたのですが
土手のサイクリングロードはかなり復帰したのに
相変わらず、商店どころか自販機ひとつ見当たりません!
ただサイクリストに朗報なのは「常総大橋」のたもと「神崎」に来春、道の駅がオープンします!
美味しいソフトクリームあるかなぁ?

土手沿いの道を進む親子は
向かい風を少しでも避けるために長門川の水門で土手を降りました。
将監川沿いをまったり進んで、最後に長い急坂を上って(笑)帰宅!
15時に無事生還です。

体中が軋んでいます!
息子も60kmを超えた辺りからかなり身体が辛そうでした(^_^;)
情けないもんです…

でも、熱い風呂に浸かってプシューッ
画像



















結局3桁に足りずの90kmでした(笑)

夕飯はポークソテーを作りました。
画像














すり下ろした玉ねぎとニンニク・生姜をバターでじっくり炒め
醤油・砂糖をベースにタレを作って絡めました。
画像















表題の「ロングラン」とは呼べないかも知れませんが
充実した1日でした!
これが走り納めになるのかどうか…
もう1回ぐらい走れるかなぁ。

それにしてもなんで二の腕が筋肉痛なんだろ…(^_^;)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

やまびこ
2014年12月09日 21:38
牛さんがいるの?川っぷちに@?!
はるさんが写した息子君の写真もリアルでなかなかいいですよ~(^0^)
ともちん
2014年12月10日 20:51
川沿いは思った以上に過酷な環境ですよね。
風の通り道だし、日陰は無いし、補給場所も無いし。
一番ユルイのは、線路沿いでしょうね。
リバーサイダーよりレールサイダーですよ、これからは。
あ、沿って走るのであって乗って飲むにではありませんよ(笑)
90kmだって、自転車に乗らない人から見れば立派に変態サンですけどね。
はるかぜ
2014年12月10日 22:00
>やまびこさん
牛さんが放牧されてます(^^)
今度、輪行でまったり利根川を走りましょう!
暖かくなってからね(^_^;)
息子の写真。実は担ぎ方がカッコ悪かったので一度NGを出して、上り直しをさせました!(笑)
はるかぜ
2014年12月10日 22:08
>ともちんさん
そっかぁ!川沿いにアップダウン無し!と思っていましたが、風は避けられません。でも線路沿いなら少しは風を避けられるのかもですね。もちろんアップダウンもほとんど無いし(笑)

確かに90kmを自転車で走るって、ほとんど「変態」ですね?フルマラソン2回分ですし…(笑)
金銭と距離の感覚が普通の人には訳解らん生き物が、自転車乗りですね(^_^;)
2014年12月13日 16:21
価格据え置きだと量が減っていく…世知辛い世の中です。
コンビニのパンなんて「どんだけ小さくなるんだ!」っていうくらい変化してますし。
今回も盛りだくさんですね!
自分なんて、最近は30~50㎞、2~3時間も走ればもう満足しちゃいますから(^_^;)
それにしても美味しそうなポークソテー♪
やはり『はるかぜ亭』のオープンを願うばかりです!
(趣味でやってるうちが楽しいのかもしれませんが…)
はるかぜ
2014年12月13日 22:00
>けんぞーさん
私も最近は50kmも走れば満足しちゃいます(^^)
でもやはりチャレンジしたくなるんですよね~。
来年は3桁走りたいです!

「キッチンはるかぜ」は60歳くらいから出来たらいいなぁなんて思ってます。
余生をのんびり過ごせる土台が出来てから(笑)
kincyan
2014年12月17日 16:00
親子で楽しまれましたね。市川からだと往復180kmコースで、やはり遠くて逆風だと輪行に逃げてしまうこの頃です。カツ丼の上は厳しかったでしょ。私も最初はそれを頼み、その後の走行は、胃液が溢れて苦しかったです^^;。今いくと並でしょうね。シクロクロスごっこも楽しいですね。
はるかぜ
2014年12月19日 07:41
>kincyanさん
180kmは厳しいですね。輪行が正解です(^^)
おけまつさんはご飯の量が(^_^;)
さすがに、たい焼きもソフトクリームも受け付けないくらい満腹でした!
シクロクロスごっこは親子ポタに付き物となってます(笑)

この記事へのトラックバック