はるかぜファミリー初体験ツアー(春)

ひと月以上が経過してしまいました(笑)

去る4月22日早朝5時過ぎに出発して
7時には東北自動車道佐野SAにてこんな朝ご飯!
がっつりとラーメンを頂きました(笑)
画像









本日の目的地は「わたらせ渓谷鐵道」です。

3時間半後、出発駅である群馬県の「JR桐生駅」に到着!
TIMESのメンバーになるとネットで駐車場を予約できる時代なんです(笑)
(本当の駅前なのに1日400円!)

9時30分発のトロッコ列車「わっしー号」に乗車。
窓枠の無いオープンタイプの列車です。
今回は義父・義母をお誘いして、娘・嫁さんとの5人旅。
みんな初めてのトロッコ列車です♪
画像









列車内に掲示されていた「沿線案内図」
路線内駅は17つありますがそのうち無人駅が15もあります(笑)
画像









フリー切符1850円+トロッコ乗車券510円の運賃。
桐生駅を出発後しばらくは街中・住宅街ですが
徐々に山合いへと入って行きます。

開放的な車内♪
画像









暗いトンネルの中では車内がイルミネーションされます♪
画像









このトンネルは神戸駅~沢入駅(駅間7km)の間にある5.2kmの草木トンネルで
約10分間かけて走行します。
その間寒い寒い!(笑)

トンネルを抜けた辺りが最高の景色です。
画像









画像









画像










のんびりトコトコ揺られること桐生駅から90分
降車駅は15番目の通洞駅
画像









この辺りは栃木県の日光市になります。

駅からのんびり歩くこと5分「足尾銅山観光」
画像









施設名の如し
1973年に閉山されるまで400年の歴史があり、かつては日本一と呼ばた足尾銅山跡地の観光施設です。
入場料は820円
ここでも(笑)トロッコ列車に乗ります。
画像









通洞抗から坑内に進入! そしてすぐに到着!
画像









わずか200m・5分の旅でした(笑)

坑内はなんといっても寒い!
画像









ただし削られた岩肌などは当時のままらしく、水も沁み出ています。
時代ごとに抗夫の作業姿や道具などが紹介されていました。
画像










江戸時代から掘り続けられた足尾銅山全体の坑道距離は
1234kmで東京~博多間だそうです。

寒さに耐えられずかけあしで散策。
(この寒さは気温だけじゃないような気に襲われました)
外に出るとホッとします。
画像









ここを抜けるとお土産屋さんがあります。
長引く左手首の痛みに効果があるか判りませんが
磁気入りヘマタイトのブレスレットを買ってきました(笑)

通洞駅に戻り、帰りの列車を待ちます。
構内で出会った地元のお母さんたちと話をしていると
この辺りは普通に熊が出るそうで!!
家の中まで入って来ることもあると言ってました。
そして町の過疎化が進んでいるそうです。
お母さんたちも桐生まで買い物に行くとの事。

帰りはトロッコではなく12時22分発の普通列車です。
画像










帰りの道中は特に何も無く(笑)
お土産を買いに入いった佐野SAで食べた餃子サンドと…
画像









画像










12時間後には帰って来ました。
道中は300km少し。ほど良いドライブとなりました(^^)
画像











次回は山登り日記を更新します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック