はるかぜファミリー5座目の百名山なるか!? 二日目

ハードスケジュールではありましたが
夢のような1日を過ごしたお陰で、2日目も期待に溢れる旅です。
立山駅で購入した切符はこちら
IMG_0726.JPG
本日は一気に黒部ダムまで行きます!
8時50分のケーブルカーからバスです。
バス内からは昨日は撮影できなかった仙道杉の巨木
幹回り940cm、高さ21m。
樹齢は約300年だそうです!
IMG_0544.JPG
称名滝を上から望むこともできました。
IMG_0548.JPG
室堂ターミナルからは立山トンネルトロリーバスに乗ります。
日本で唯一、電気を動力として走るバス。
いわゆる電車の仲間になりますね。
こいつで大観峰駅(2316m)まで下ります。(10分)
IMG_0553.JPG
大観峰駅からは立山ロープウェイで黒部平駅(1828m)まで(7分)
IMG_0556.JPG
残念ながら雲の中でした…
そして最後は黒部湖駅(1455m)までケーブルカー(5分)
IMG_0565.JPG
降車後トンネル内をしばらく歩くと目の前が開けてきます。
IMG_0567.JPG
ドドーン!
IMG_0568.JPG
黒部ダム。通称くろよんですね。
IMG_0581.JPG
6月下旬から10月中旬までは観光放水をしていて、毎秒15トンの水が放出されています。
(8月中旬からは毎秒10トンとのこと)
IMG_0589.JPG
着工から7年(昭和31年~38年)もの時間を費やし、世紀の難工事といわれた現場では墜落や岩盤事故などで171名もの方が命を落としたそうです。こんなレリーフと慰霊碑がありプレートには全員の名前が刻まれています。合掌。
IMG_0587.JPG
お昼ごはんは「これ」と決めていました。
IMG_0584.JPG
黒部ダムカレー 
ほうれんそうペーストで湖面の色を表現したルー。ヒレカツは流木と遊覧船ガルべ。ご飯はダム本体。
ポテトサラダは放水でキャベツの千切りは水しぶき。らっきょうがコンクリート壁でパセリは対岸の木々。
なんと忠実に再現されていることか!(笑)写真が下手くそで伝わりずらいと思いますが、美味しかったですよ♪

室堂まで戻る途中の大観峰駅にはタモさん。
IMG_0596.JPG
黒部ダムは晴れていたのですが、怪しくなってきました…
IMG_0598.JPG
案の定、室堂は雨。各々、傘をさしたり合羽を着たり。
コインロッカーに預けておいた宿泊用の荷物を持って雨の中歩くこと10分。
IMG_0611.JPG
IMG_0610.JPG
今夜は立山室堂山荘さんでお世話になります。

下の写真の建物
USDS9565.JPG
「室堂小屋」は写真右側の北室が1726年。写真奥の南室は1771年に建てられたそうです。
1980年代まで宿泊施設として利用されていたとのこと。
山小屋としては日本最古のものして国指定の重要文化財になっています。

現在の山荘はとても綺麗な山小屋で、10畳の部屋を家族で貸し切りです。
AIEL7903.JPG
まだ14時半ですので1時間ほどまったりした後、雨ふりのなか散策を兼ね室堂ターミナルまで遊びに行きます。
MKQS3471.JPG
その途中、何人かの方々が立ち止まっています。
ん?まさか!? まじか?
キャー!雷鳥です!
EHZQ4847.JPG
某国営放送の登山番組を見ていると必ず「あ、あそこに雷鳥がいますよ」「会えるなんて奇跡ですね!」なんてやってるので、スタッフの仕込みか?なんて笑ってましたが、本当に会えました(^^)/
しかもひなが7羽も♪ しばらく見とれていました。
雨登山で下りてきた人にも「雷鳥いますよ」なんて教えてあげたりして。
ただ、今世紀中には絶滅してしまうと言われているみたいです。でも本当に感動しました♪

ターミナルでひと通り買い物などをして16時半に戻ってお風呂。
立山の絶景が広がる大浴場があります。もちろん何も見えませんでしたが(笑)
部屋の窓から見える景色とビール。風呂上がりの一杯♪
IMG_0627.JPG
夕飯前にみんなでつまんじゃいます。
IMG_E0630.JPG
お楽しみの夕飯は18時半。こんな山の上で贅沢な食事です!感謝しながら美味しく頂きました。
IMG_E0634.JPG
夕食後は部屋でまったり家呑みな感じ(笑)
夕方の買い出しでゲットした日本酒です。
ここ室堂でしか買えない地酒中の地酒!
みんなでチビチビ美味しく呑みました。
IMG_0638.JPG
そして、雷鳥を見てしまった娘が買ったぬいぐるみ(笑)
IMG_0639.JPG
こうして楽しい夜が更けていきます。
嫁さん…娘…嫁ちゃん…息子…
順番に眠っていきます。まだ21時ですけど!(笑)
私は自動販売機で購入してきた缶チューハイ。
テレビは無いので家族の寝息をBGMに…zzz

3日目はどんな旅が待っているかなぁ…

この記事へのコメント