はるかぜがそよぐ場所

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛おしい「生き物」として・・・

<<   作成日時 : 2010/01/31 20:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

何度かここで書かせてもらっているように
私は「競馬」が好きです。

なぜこんな書き出しかというと・・・

大好きだった馬が本日レース中の事故で他界しました。


競馬に出会ったのが20年以上前。
しかし8年目ぐらいに
その当時大好きだった馬が、レース中の事故でこの世を去りました。

それはテレビでの生放送中でした・・・

それ以来、競馬から離れることに・・・

私にとってあまりにも哀しい出来事でした。

そんな私でしたが
「馬」という生き物への想いはずっと引きずっていたのです。

しかし「競馬」を観ることは怖くてできませんでした。

そんな中、ちょっとしたきっかけで
牧場に訪れることになった私。

そこで産まれたばかりの1頭の仔馬に出会います。

私はその子が競走馬になるまで見守ることで
また「馬」と触れ合う生活を取り戻していきました。

いまこうして「競馬」を観ていて
今回のような事故を目の当たりにすることを避けられません。

でもそれ以上に感動を与えてくれることもたくさんあります。

好きな馬はたとえ勝てない条件でも応援し続ける私。

そんな子が勝ってくれると涙が出ます。
今日のような哀しい事故に見舞われたら、その子のために静かに涙を流します。

無事に引退して
お父さんになったり、お母さんになれば
その子供たちが走ります。

きれいごとに聞こえるかも知れませんが
競馬を通して「馬券」ではなく
「馬」という生き物と見つめ合っているつもりの私。

競走馬は経済動物という見方も存在しますが
牧場で出会う馬たちは、本当に純粋で綺麗な瞳を持っています。

私にとって、堪らなく愛おしい生き物です。


今の私は「自転車」にも同じような感情が湧いています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はるかぜさんどうもです(o^∀^o) 自分 競馬やらないのですが 以前 サイレンススズカって競走馬が怪我をしてしまったとき たまたま見ていました(T_T) ただ前を走りたかっただけ ってそのあとの新聞かなんかで出て 切なくなった記憶があります(T_T)思い出話すいません(T_T)
YUKI
2010/02/01 06:51
こんにちわ、マロンです。

私も同感です。
サラブレッドの事故は見たくないですね。
確かに馬券など買ってますが、当たる当たらないの前に、全馬無事でって思ってます。
私なんて馬の世話などしてないで、こんな気持ちなんだから、関係者いとってはもっとツライ出来事なんでしょう。
週末は牧場に行ってこられたのですか?
マロン
2010/02/01 13:29
はるかぜ→YUKIさん

コメントありがとうございます。

サイレンススズカの事故も衝撃的でしたね。
天皇賞という大きなレース中だっただけに、あのシーンは全国に知られることになりました。

競馬から離れていた時期ですが、辛い気持ちでいっぱいになりました。
ファンの多い、強い馬でしたよ。



はるかぜ
2010/02/01 21:03
はるかぜ→マロンさん

マロンさん、コメントどうもです!

ホント辛いですよね。
私はライスシャワーの事故から、まともに競馬を観れなくなる時期がありました。

関係者の悲しみを思うと辛いことが起こり得る世界ですが、過去にはオグリキャップやトウカイテイオーの復帰みたいな感動的なシーンにも出会えるのが競馬。
最近ではウオッカのJC後に見られた関係者の涙。

数知れずの感動も与えてくれますよね?

先週末は相手先の牧場の都合で、訪ねることが出来ませんでした…

はるかぜ
2010/02/01 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛おしい「生き物」として・・・ はるかぜがそよぐ場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる