はるかぜがそよぐ場所

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎年この時期に思うこと・・・

<<   作成日時 : 2010/08/09 22:12   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

一週間もブログの更新を怠ってしまった・・・
前回の記事になった妹家族が10日間も滞在したので
なかなか自分の時間が摂れず・・・

みなさんはこのお盆休みに「実家」へ帰省なのでしょうが
私の場合、今住んでいる場所が「実家」です。

父親を早くに亡くし、母親ひとりで育ててもらった3人の兄妹。
そんな中で、一番最初に家庭を持った長男の私。
23歳で結婚した当時、一番下の妹はまだ高校生でした。

その後、それぞれ嫁いでいった妹たちに対して
「実家」というものを築いてあげたくて
32歳で「一軒家」を購入し、母親を招きました。

よって私自身には「帰省」がありません。
ですが・・・
妹たちが帰ってこれる「この場所」に誇りを持っています!

妹たちはそれぞれの家庭でがんばっていますが
いろいろな事があるようで・・・

そんな時
「辛かったらいつでもここへ帰っておいで」と伝えます。


何もしてやれませんがここを「帰ってこれる場所」にしてあげたかった。
そうした場所を作ってあげたかったから・・・

そんなことも含め、私はこの「場所」
守り通していきたいと、がんばっています!(^^)


久々の日記なのに
ちょっと重いネタになってしまったかなぁ・・・(^_^;)


自転車ネタはいつになるやら・・・(>_<)










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
帰るべき実家とか、それを守りたい気持ちとか、とても素晴らしいし、羨ましいです!
ただ他人様のことを羨ましがっても仕方ありませんので、いまの環境、状況の中で僕なりに大切なものを守っていきたいと思います(^^)
でもやっぱりかなり羨ましいなぁ〜。
ぎざっろ
2010/08/10 07:18
親の生死確認もできないような時代に『エライ!』の一言です。

妹さんたち、10日間も滞在とは、よほど居心地がいいのでしょう。

はるかぜさんの決意もさることながら、もっと偉いのは
奥さまですよ。
もう十分にわかってらっしゃるでしょうが(笑)
世間では親がいなくなると実家ではなくなるといいますが
はるかぜ家は、妹さんにとって永遠に”実家”ですね。

私も来週から親のいない実家にしばらく行ってきます。
兄嫁が「ここはあなたの実家なんだから、いつでも遠慮なく
帰ってらっしゃい」と暖かく迎えてくれますので
私にも、はるかぜさんと同じ立場で同じようにやさしい
兄がいます。
妹さん本当に幸せですね。
よくわかります。 私も幸せですから
さくらえび
2010/08/10 09:45
こんにちわぁ。

はるかぜさん、偉い!
その気持ち、きっと妹さんたちにも伝わってます。
戻れる場所がある、これって大切だし、
気持ちのうえでも、とっても大きいです。

親の所在ですら、分からなくても平気でいれる時代、
はるかぜさんのような気持ち、とっても素敵だし、
大切なことだと思います。

これからも、頑張って「家」を守って下さいね。
suke
2010/08/10 12:27
>ぎざっろさん

いつもコメントありがとうございます(^^)

普段はぐうたらでダメダメな僕です(笑)
でも心の中のどこかに「一本」だけ
男としての筋を持っていたいと思っています。

どんな環境・状況でも
どんな些細なものでも
絶対にあると思うのです。
命さえ惜しくない「守りたいもの」が…

それが解っていれば「男」だと思います!

ぎざっろさんも「男」です!(^^)




はるかぜ
2010/08/10 21:15
>さくらえびさん

心温まるコメントありがとうございます(^^)

こうして長期滞在したときは、妹といろいろな話をします。
お互い酒飲みですので、とことん話をします(笑)
甥っ子・姪っ子も僕のあとを追いかけて「おいちゃん、おいちゃん〜」って(笑)
うちの嫁さんにも息子にも娘にも…(^^)
だから可愛い〜(^^)

そしてそんな光景を見るたびに、いつも思います
さくらえびさんがおっしゃるように
「嫁さんへの感謝」です。
支えられているのは僕のほうなのです(^_^;)

さくらえびさんの兄嫁様の言葉…
嬉しいでしょうね(^^)
そしてお兄様のやさしさ…

僕もそうなりたいと思います。

「人は人を思いやる」

なんでこんな簡単なことが出来ない人間が増えているのか…
哀しい限りです。

帰り際に「兄ちゃんありがとう」
そう言ってくれる妹を見て、これでいいのかな?って感じます。


はるかぜ
2010/08/10 21:30
>sukeさん

そんなに褒められると照れます〜(笑)

特別なことをしているわけでは無いですよ。

sukeさんにもいるでしょ?
すぐそばに、守らなければいけないもの。
というか
「守りたいもの」
命さえ惜しまずにね…!

人それぞれですが「男」として
心の中心に存在するものですよね?

普段は高田純次ばりに適当な僕ですが
「ここぞ」の気持ちだけは持っています(^^)

ただそれだけの「普通」なことです!





はるかぜ
2010/08/10 21:43
人それぞれいろんな事情や考えがありますから・・・。
土地を決め、そこに家を築き守り通す。
男(しかも長男)としては憧れます。
でも今現在はまだ実家に帰省を続ける身ですが。
住む土地と仕事の勤務地と家族との同居・単身赴任等々、タイミングを逸すると悩みは増える一方で(^_^;)
(若い時からの人生設計は重要ですね)
けんぞう
2010/08/11 18:54
>けんぞうさん

コメントどうもです(^^)

確かに…
いろいろな状況があり、タイミングもありますよね。
僕の場合は高校生ぐらいから「実家」を作ってあげたいと考えていたような気がします。
よって、前職では単身赴任を断ってきました。
これ以上拒否できないというタイミングで、辞めました。
家庭内だけでなく妹たちも含めた「家族」を考えた上での結論でした。
そのおかげでこうして自転車に巡り合え、みなさんとも知り合え、今を生きている「感謝」と「自信」を感じています(^^)
どうせ一度限りの人生ですので、もう一発ぐらいは冒険したいと密かに思っています(笑)
はるかぜ
2010/08/11 22:11
はるかぜさん、ご立派です!
心がうるうるしてきました。
家族の繋がり、私も大切にしていきたいと思っています。

いつも帰る場所があるのって心の一番深い部分の安定に繋がると思います。とても素敵なご家族ですね。
MANA
2010/08/24 13:00
>MANAさん

コメントどうもです(^^)

他に何もしてやれなかった「兄」としての、せめてもの事です(笑)

MANAさんも、もうすぐ「家族」を築く日がやってきますね!
自分のことのように、楽しみです!

きっと素敵な家族になることでしょうね(^^)
はるかぜ
2010/08/24 23:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
毎年この時期に思うこと・・・ はるかぜがそよぐ場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる