はるかぜがそよぐ場所

アクセスカウンタ

zoom RSS いざ「奥多摩」へ・・・

<<   作成日時 : 2012/08/30 11:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

先を行っていた2人が止まってくれている・・・

追いついた私は

−ここで脚を止めたらもう上れない・・・

そう「限界」が近かった。

「このまま行きましょう!」

そう言った私に、2人は同じ方向を指さした。

そしてそこが・・・



輪友のともちんさんからお誘いを受けていた「奥多摩・山岳ステージ」
我々親子にとって初の「山上り」です。

朝5時半に自宅を出発。
画像














東関東自動車道〜首都高速〜中央自動車道〜圏央道で「あきる野IC」へ。

首都高を抜けた辺りから、目の前には関東山地の山々が・・・
「どれだ!?どの山上るんだ?」なんてはしゃぎながらも
2人は少々(かなり?)不安でありました(笑)

五日市の街中を抜け、檜原村に入り
待ち合わせ場所である「払沢(ほっさわ)の滝駐車場」に着いたのが7時半過ぎ。
画像














「やべ〜とこまで来ちまったなぁ・・・」


8時過ぎにともちんさん登場!
約2ヶ月ぶりの再会です(^^)/
「お守り」を頂いて早速出発!
画像














まずは檜原街道を東へ進んで行くのですが
「ん?こんなもんなの?楽勝じゃん!」って感じで
景色もしっかり堪能しちゃいます(^^)/
画像















ところが「上川乗」の二差路を右に進み始めたころから様子が・・・


最初のトイレ&飲み物補給は「人里(へんぼり)」
ここですでに脚が攣りそうになっている私・・・(^_^;)


この後さらに「蛇の湯温泉たから荘前」で休憩。

ともちんさん1人なら休まないのでしょうが
今回は我々貧脚親子に配慮して頂いております。
ここではパワージェルを補給。
脚の攣りはギリギリのところで踏ん張ってくれています。

帰宅後調べたのですが
出発からここまでの距離が約17q。
400m上ってきて、平均勾配は2.5%といった感じでした。
(えっ!これで脚がこんななの・・・)

しかし、本当の苦しみはここからでした・・・
(すでにギヤのお釣りは無い)

2人に後れを取りながら、ようやく着いたのが
「奥多摩周遊道路の料金所跡地」
ここからはもう少しらしいのですが
見上げる山裾に、この先上っていく道が見えます。

「え゛〜っ!あそこまで上るのー!」
(心が折れそうです)

でも「滝」の写真は撮りました(笑)
画像














「夢の滝」だそうです。

でもそこからはもう前を見る元気がありません。
だって目の前の勾配を見ると気力が失せてしまいそう・・・
ひたすら路上の白線とメーターの速度を睨みながら
さらにコーナーはできるだけ外側をトレースです。
(本当に車が少ないので助かりました)

そして上り切ったところからの景色です。
画像














画像














下に見えるのが旧料金所
(白飛びしちゃってますが)(^_^;)
画像














思わず路上に倒れ込む息子(笑)
画像














ともちんさんはここからの景色が一番好きと言っておりましたが
解ります。
画像














ここからまだ上るのですが「達成感」は一番感じた瞬間でした(^^)/

そして上った先が「都民の森」です。
(すいません。千葉県人ですがお邪魔します)
ラスト100mで上りアタックを掛けた息子。
早過ぎて、残り30mで失速したそうです(笑)
私はもう三途の川が見えそうでした・・・
しかし、ともちんさんが隣で励ましてくれて何とか到着。
画像



















画像














ここでコーラ&カレーパンを補給。
このカレーパン、外側カリッカリで美味しかった〜
画像














しっかりと脚を回復させて「さぁ後は下るだけ!」
なんて思っていたのは我々親子だけでした(笑)

これからが本当の目的地だったのね・・・

あと数qぐらいらしいのですがキツかったぁ

−もう限界・・・ あとどれだけ上ればいいの・・・

「脚付いちゃってもいいじゃん!」そんな私と
「嫌だ!絶対に脚は付かない!息子に負けたくない!」こんな私が
心の中で葛藤を繰り返します。

そんな中、冒頭のシーンが・・・

「へ?」
「そこ、そこ!」
「ん?」
画像














「東京で一番高い道路」標高1146m

ここが最終目的地だったのですが
知らなかったら絶対に気が付かないものです(^_^;)

画像













画像















ちょっと拍子抜けだったのですが
逆に疲れも吹き飛んでしまいました(笑)
ともちんさんともガッチリ握手!
(ありがとうございました)

ちなみに
蛇の湯温泉からここまでの7qほどは500mの標高差を一気に上ります。
平均勾配は7%超え!
(キツイはずだわな・・・)


さぁ下るぞ〜っ!

とはいえ、上りが初めてなら下りも初めての私たち。
「ちょっと怖いなぁ・・・」

でもガシガシ責められる自分にビックリ!
全然怖くないっす(笑)
ゆっくり下ってくれたともちんさんに遅れずに済みます。
しかし息子は・・・
落車してるんじゃないかと思うくらい遅れますので
途中何度か待つことになりました。
(事故じゃなくて良かった・・・)

もうすぐ下り終わるというところで
私の脚の攣りが限界を超えそうに・・・
(下りで休められたはずなのに)

「人里」のバス停で
朝ともちんさんに頂いた「お守り」を使いました。
「脚の攣り」に効くお薬です。
画像















これが効果あったのでしょう。この後は大分楽になりました(^^)/
(もっと早く飲んでおけば良かった・・・)

この「人里(へんぼり)のバス停」は有名らしいです。
春にはこんな景色になります。
(檜原人里バス停の八重紅枝垂れ)http://rekishi-roman.jp/sakura/page-05.html(外部サイト)
しかもこの桜は私の生まれた年に植えられたのこと。
(このタイミングで立ち寄ったのも何かの縁かなぁ)

そしてその先で下から上がってくる一人の女性ローディーさん。
サプライズゲスト「オムアリさん」でした〜(^^)/
ともちんさんが声を掛けてくれていました。
ほんの数qですが一緒に走れて嬉しかったです。
オムアリさんは今私たちが上ってきた峠を
アウターでガシガシ上ってしまうスーパーレディです!

出発地点まで戻ってきて、払沢の滝バス停にある「豆腐ちとせ屋」さん
画像














頂いた「豆乳ソフト」はさっぱりしていてとても美味しかったです。
画像














オムアリさんの相棒と
画像














この後私たちは車に自転車を積み込んで
(ともちんさんとオムアリさんは自転車)
五日市の街まで戻り昼食を食べました。
「五日市ほうとう 佐五兵衛」さんです。
画像














私は「五日市ほうとう」
温かいほうとうが胃袋から身体に優しく染み渡ります。
画像














息子は「しし丼」(猪豚のお肉です)
画像














ともちんさんとオムアリさんは「冷やしほうとう」でした。

オムアリさんは、初めてお会いしたとは思えないくらい気さくな方で
想像していたとおり素敵な女性でした(^^)

2時過ぎ、ここで再会の約束して握手を交わし
おふたりとはお別れです。

帰路は疲れた身体での運転になりますが
行きには目の前にあった奥多摩の山々を背にすると
なんだか少し寂しい気持ちになりました。


都会の喧騒に包まれたころ
画像














隣では「猪豚」が爆睡しておりました(笑)
画像














上りの辛さと、下りでの緊張感にかなり疲れたのしょう。
でもまあ、よく(39T−27T)で上ったもんだ・・・
もう上りは適わないと認めざるを得ません。
(下りはまだまだ大丈夫でしょう!)

2時間半掛けて帰宅後は、シャワーを浴びて
画像














がんばった自分達にご褒美です。


「山」また上りたいか?
今聞かれても心から「うん」という答えは出てきません。
それぐらい、今回の走りはキツイものでした。

でもあの苦しさを乗り越えた達成感。
素晴らしい景色。
そしていつもより美味しく感じる食べ物。

もう一度体験したいと思うのは確かです。
息子も同じような事を言っていました。

なんだろう・・・
これが「山」の魅力なのかな?

東京都は制覇したので、今度は千葉県を制覇しますか・・・
(ま、最高峰でさえ愛宕山(408m)ですが)

その前に27T着けよっと(笑)


初山岳コース記録
・走行距離  49.26q
・走行時間  3時間4秒
・アベレージ 16q/h
・マックス   57.3q/h
・車の移動距離260q


へたれです・・・
(今日も休みを頂いていて良かった)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
東京都制覇、おめでとうございます!

あそこは辛いですよね。都バスに煽られるし。
因みに私は頂上の看板を探しているうちに見つからずに下っちゃいました(T ^ T)
羨ましいです。

千葉の次は埼玉の山々はどうですか?(^O^)/
イガイガ
2012/08/30 18:09
>イガイガさん
去年の9月にイガイガさんも上ってるんですよね。
記事、再読させてもらいました(^^)
まだ料金所の建物が残っていますね。
今はもう無くなっていました。
あの料金所からが本当の地獄ですよね〜。
看板は知らなければ普通に見逃します(^_^;)
「都民の森」のカレーパン、美味しかったので今度食べに行って下さい(^_-)-☆
それにしても「バイクデータ」見ると、早いですね〜!

ここよりも楽な上りなら埼玉まで遠征しますので、企画お願いします(^^)v
はるかぜ
2012/08/30 20:01
お〜、我が地元(?)へようこそです。
我が家から一周100kmのコースです。
SC15R
2012/08/30 20:43
>SC15Rさん
こんな素敵な場所が地元なんて羨ましいです!
自転車乗り環境的にもそうですが何といっても「景色」が素晴らしい(^^)
僕の住む地域はひたすら「水辺の平地」ですので(笑)

はるかぜ
2012/08/30 20:52
まことにご苦労様でした。やはり山の多い地方に育った方は、こういう坂に強いのでしょうね。われわれ湖や川の近くで育った者は、訓練が足りませんね。もっとも私の場合、ともちんさんのお誘いがあっても、山には近づきませんが^^;。でも息子さんには良い経験でしたね。こんど養老渓谷に行きましょうか。
kincyan
2012/08/30 20:53
>kincyanさん
確かに、環境によるハンデは感じました。
でもこういった機会を与えてくれて、息子だけでなく僕も、ともちんさんに感謝しております。
今度一緒に、千葉県を制覇いたしましょう!
でも、養老渓谷も結構キツイと感じますよ。
車で走った感じでは…(^_^;)
はるかぜ
2012/08/30 21:07
ご無沙汰しております。
奥多摩に行かれたんですね⁈
いやいや、大したもんです。
私は、東京に来てから、
自転車は、すっかり、
オブジェと化しております、
いつかどこかで、ご一緒したいですね(^_^)
suke
2012/08/30 21:31
>sukeさん
お久しぶりです〜(^^)
初めての「山」を体験してきました!
自転車仲間のお陰で、どんどん新しい走りを経験させてもらっています。

仕事・環境が落ち着くまでお待ちしますよ!
sukeさんと走るまでは、あの世に行けませんので(笑)
ご無沙汰していても、まだ会えてなくても、sukeさんは僕の大切な友人ですので(^^)/
はるかぜ
2012/08/30 21:42
朝早くからお疲れ様でした。
心の中では「押し」が入るのではないかと思った時間帯もありましたが、根性を見せていただきました。
遅くても坂は坂なりの漕ぎ方があると、最近やっと少しだけ分かってきました。
養老渓谷行きたいですね〜、是非誘ってください。
泊って飲んで、飲んで、飲んで、起きられずに帰る。。。カモ。

タバコやめちゃいます?(笑。
ともちん
2012/08/30 21:43
>ともちんさん
この度は本当にありがとうございました(^^)/

押しても誰に責められる訳ではないのに…
何でしょうね、この「意地」って。
でも一人ならくじけていたかも…。

一泊もいいですね〜!
実は「被災地」への一泊ツアーを企画したいなぁって思っています。
その際はぜひ、ご協力お願いします(^^)

養老渓谷すら苦しむようなら、タバコ止めます!(誓)
はるかぜ
2012/08/30 22:03
お疲れ様でした。私には想像もできない距離と苦しさです(笑)でもでも達成感は言葉にならないくらい気持ちよいものなんでしょうね♪
これからは気持ちよい季節になるので走りやすくなりますね(^^)がんばってください♪次の制覇をめざして…。
きこりん
2012/09/03 22:55
>きこりんさん
コメントどうもです(^^)/
僕も想像以上の苦しみでした(笑)
何かを「創る」訳ではないので物は残りません。そんな一瞬の達成感なのですが、そういうのも有りかなって感じています。
さて、次はどこを制覇しましょうかね(^^)
はるかぜ
2012/09/04 20:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
いざ「奥多摩」へ・・・ はるかぜがそよぐ場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる