はるかぜがそよぐ場所

アクセスカウンタ

zoom RSS 「故郷」ってどこですか?

<<   作成日時 : 2012/08/08 22:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 11

終わってからもう3日も経つけど、やっぱり記しておこう。
「ふるさと(故郷)」のお祭りです。
画像














画像














画像














画像














いろいろな諸事情があり
この「ふるさとの祭り」に関われるのが最後かも知れない・・・
(もちろん続けられる可能性もあるのだけど)

そんな想いがあり、感傷的な気分になった。

そしてふと思った。
私にとって「故郷」ってどこになるんだろう・・・

生まれたのは「東京都足立区」
でもここは両親の「故郷」では無い。
両親は茨城県の水戸市出身。
ともに集団就職で東京に働きに出てきた。
余談だけど、亡き父親はよくスナックで
井沢八郎の「あぁ上野駅」を唄いながら泣いていたなぁ・・・
その姿は、私の中の「父親像」のひとつとして刻まれている。
(私達子供らも、よく連れて行ってもらった)

父親が他界して10年が過ぎた頃、私は初めてこの歌を唄った。
妹の結婚式のあとだった・・・
(妹夫婦仲間とは別に親戚などで行った2次会で)
泣けて泣けて、さらに母親を含めたみんなも泣いて・・・

今でもこのメロディーが耳に飛び込んでくると、泣けてしまう。


話が逸れたけれど
そんな私は3歳で手賀沼の畔に越してきた。
それから10年間(父親が他界するまで)我孫子市で過ごし
その後、隣町の柏市で母親と妹2人との4人で暮らした。

23歳で結婚してからはまた我孫子市へ。
(手賀沼と利根川に挟まれた土地だった)
ここで長男が生まれたが、住んでいたのは3年ほど。
印西市に移り、母親と妹(次女)を呼んで一緒に暮らし始め
嫁ぐ妹を送り出したあと、今の家を購入。
ここに住み始め12年ぐらい過ぎただろうか・・・

子供の頃は、両親が生まれた水戸市が「田舎」だった。
でも父が亡くなり、母が亡くなり・・・
私にとっての「田舎」が無くなってしまった。

前出写真のお祭りは旧印旛村。
この「印旛」は、嫁さんの故郷だ。
私もこの土地に係って、すでに30年近くなる。
(嫁さんと知り合ったのが15歳の時なので)

私の人生で一番長く過ごしてきた(更に過ごし続けるであろう)土地は
間違いなく「印西市」になるはずなのだが
旧印旛村(合併により現印西市)ほどの思い入れは存在しない。

でも今後、子供たちがそれぞれの家庭を築き
「実家に帰る」と呼べる場所は、ここになるのだろう。

そして、そう考えると
私には(私自身には)帰る「ふるさと」が無いんだと気付く・・・

淋しい気持ちにもなるが、私はこう思うようにしている。

私がスタート(原点)になればいい。
そうすることによって、子供たちや孫たちの「ふるさと」になれればいい。
そこが私にとっての「最後の故郷」として築かれていけばいい。

私自身の「ふるさと」は、心の中にいっぱい存在する。

でも敢えてどこが?と問えば

父親と母親と妹ふたりの家族5人で過ごした
手賀沼の畔である「街」なんだろうなぁ・・・

(アイちゃん号との思い出の土地でもある)


ちょっと湿っぽい日記になったかな・・・(笑)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
故郷、古里、ふるさと・・・。
私にとっての故郷は赤羽です。
すでに連絡を取り合える人は一人も住んでいませんが。
でも、未だに時々出かけていますし、目を閉じると当時の色んな音が聞こえますよ。
ともちん
2012/08/08 23:52
未だ⇒今だ ですね・・・(恥。
ともちん
2012/08/08 23:53
>ともちんさん
僕の「我孫子」に似ていますね。
心と体に刻み込まれている故郷…
そういった土地に自転車で行けること。これって素敵だと思いません?
自転車に巡り合えたことに「感謝」しているこの頃です(^^)

「未だ」間違ってないですよ!
時を表す「副詞」として「今でも〜」という意味で使うのは、こちらが正解です(^^)/
はるかぜ
2012/08/09 20:00
故郷ですか...
私は東京は大田区で育ち、今も父母がいますが「実家」ではあってもふるさとと言うにはなんかよそよそしいかな。
祖父母がいた福井にもずいぶん通ったけど田舎ではあったけどふるさとではないし。
遠い将来、子供等にとって今住んでいる町がふるさとになるんだろうか。
SC15R
2012/08/09 22:17
私も、生まれたのは、母の実家である富山県。25年間育ったのは大阪。30年間住んでるのが南行徳。田舎っていうと、富山という感じです。しかし知ってる人が、いなくなりました。大阪の実家ですら、まわりに知ってる人がメッキリ減りました。寂しいなあ。
kincyan
2012/08/10 12:29
>SC15Rさん
そう考えると「故郷」の定義って難しいですね。
でも子供達には「ここがふるさとだ」って言ってもらえるように、一緒の時間を過ごしていかなければ!(^^)/
はるかぜ
2012/08/10 20:50
>kincyanさん
「田舎」と「故郷」ってなんか違うのかなぁ…
〜うさぎ追いし かの山〜
「ふるさと」ってこんなイメージ?
心に残っている「風景」の大きさなのですかね。
でもひとつの場所に決める必要もないと思うのです。
ふるさとがいっぱいあってもいいですよね(^^)
はるかぜ
2012/08/10 20:59
ワタシも故郷がない一人です。
しいて言えば、保育園から高校までを
過ごした土地に今でも両親がいるので
そこが故郷になるのでしょうが、両親
も本家ではなく持ち家でも無いので、
故郷というより実家でしょうか。
ただ、その土地には友人が家を構えたり
しているので、やはり故郷なのかな。
就職してからはずっと実家からは離れた
ところにいて、もう離れた年数の方が
長くなってしまいました。
特に実家に入ることも出来ないので、
定年後に自分が好きな土地に移り住んで、
そこを故郷にしようかな?なんて、
最近ぼんやり考えています(^^;
けんぞー
2012/08/12 10:23
>けんぞーさん
僕は両親のお墓が茨城の水戸なのですが、親戚付き合いもほとんど無いので、近いうちにこっちへ移そう考えています。
先日のお祭りの件もありますが、この土地のために生きて、過ごして、ここを「故郷」として子供たちに残してあげられたらなぁって思います。
でも、手賀沼の畔に「キッチン&バイシクルはるかぜ」を開業できたらいいなぁ(^^)
一歩譲って、印旛沼の畔。これでも大満足ですが(^_^;)
はるかぜ
2012/08/12 19:33
私も、結婚と同時に新宿に住み13年目。最近、PTA活動を通して地域との関わりが広がってきました。また、小学校と住む家にある町会も気に入ってます。
まぁ、地元人とは言えない感はありますが。
これからも住み続けたいと思うけど、私の子ども達は兄の住む家が『ふるさと』で、母が亡くなっても毎年夏休みは「千葉行きたい!」と言います(笑)
カルミア
2012/08/14 10:17
>カルミアさん
そろそろ千葉に引っ越しては如何ですか?(笑)
はるかぜ
2012/08/14 18:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
「故郷」ってどこですか? はるかぜがそよぐ場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる