はるかぜがそよぐ場所

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めての「ヨルクライム」

<<   作成日時 : 2012/12/20 23:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

自転車で山を上ることを「ヒルクライム」と呼ぶ。
とても辛い走りである。
でもだからこそ
頂きから望む景観や達成感は、何事にも変えられない。

そんな「ヒルクライム」に対して
自転車乗り仲間の間では、密かに語り継がれている
「ヨルクライム」なるものがある。

画像











いわゆる、自転車仲間との「酒呑み」「ヨルクライム」と呼んでるだけです(笑)


京成高砂駅からこんな電車に乗って、京成金町駅へ。
画像











画像











ここで、今回のヨルクライムを企画して頂いた断腸亭さんと待ち合わせ。 
ほどなく歩いて、JR金町駅で呑ちゃんと合流。
(断腸亭さんの奥様です)

冒頭写真の「包丁人 文吾」さんにはすでに「ジャズの紳さん」がお待ちかね。

少し遅れてGibsonさんも到着です。

お二人は会社帰りのスーツ姿。
自転車ウェアの姿しか拝見した事が無かったので
全くもって「違う人物」に映りました(^_^;)

この4人に加え、我ら親子。(ここも息子が一緒)(笑)

6人での忘年会です。

この「包丁人 文吾」
大将はこの道40年以上の「匠」です。
その匠が愛用してきた包丁の数々。
画像











一般的な「霞焼き(はりあわせ)」では無く「本焼き(無垢)」といわれる
鋼だけで作られた包丁を使われているという事。
手入れが大変だし、値段も高価な包丁。
中には柄(つか)だけで20万円という物!や、1本200万円の物まで!!
「腕」が無ければ使いこなせない物ばかりです。

そんな大将が腕を奮って頂いた料理を堪能してきました。

新鮮なネタの数々と「付きだし」のベビーホタテ(ひものみ)
画像



















今朝まで活きていた、写真に写る「たらば蟹」(これ1皿2人分)
身の詰まり方が違います!
画像











「焼き物」はフッコの奉書焼き
(成長魚セイゴ→フッコ→鱸(スズキ)のフッコ)
画像











余談ですが「海腹川背」という言葉があります。(板前用語)
海の魚は腹側を手前に盛り付け、川魚は背側を手前に盛る。
海魚は腹に、川魚は背に脂が乗っていると言われているからです。

「お造り」(これも2人分)
画像











このあと「大正海老のマヨネーズ焼き」も出てきました。(写真撮り忘れ)

「お椀」は鮮度抜群の白身を目の前で叩いて造った「つみれ汁」
画像











団子自体の美味さはもちろんですが
この「出汁」は絶品過ぎて、言葉を失いました!

そして握りは一貫ずつ、こちらのタイミングを計りながら丁寧に
「大トロ」「ヒラメ(岩塩にて)」「とろサーモンの炙り(岩塩&レモン」「赤貝」

呑みこんでしまうのが勿体ないくらい味わいのある握りでした。

もう満腹〜!

二十歳の息子も「本物の味」に感動しておりました(笑)


大将の腕前。
息子と同じ歳から9年間、多少なりともこの道を目指した私ですので
肌で感じる事ができました。
「師匠」と呼ばせて頂きたいくらいです!
(失礼を承知で・・・)


ボトル焼酎の仕入れにも大将の拘りがあります。
画像











今回頂いたのは
鹿児島県大口酒造の「黒伊佐錦」と宮崎県幸蔵酒造の「幸蔵」
画像











画像











双方ともに「芋焼酎」です。
個人的には「幸蔵」のほうが甘味に深みがあり、気に入りました。
私と断腸亭さんはロックでしたが、ジャズさんはお湯割りで頂いていました。
本来はこうして香りを楽しむのが、本場の芋焼酎の飲み方ですね。
お湯で焼酎の温度を上げることにより、香りが増します。

ギブソンさんや呑ちゃんは日本酒も・・・
息子は日本酒呑んだり、芋焼酎呑んだり・・・(笑)

これだけ呑んで、食べて、一人5000円と少し!

お勘定にまで、大将の気持ちが込められていました(^^)


この1年、実は「飲み会」と呼ばれるイベントはこれが初めて!
サラリーマン生活を辞めてから、飲み会の縁が遠ざかった私です(^_^;)

楽しかったなぁ・・・


同じ趣味の「仲間」が集まる酒の席。
これほどまでに盛り上がり、至福なのか・・・と知りました。

癖になりそうっ!(笑)



※本来ならここに参加していたはずのkincyanさん・ともちんさん。
  直前で体調不良による不参加・・・
  新年会は楽しみましょうね(^^)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
うう〜。羨ましいやら、残念無念やら。風邪が、うらめしく思いました。行きたかったなぁ。
この日ようやく、会社に這っていったのですが、なんとかこの会に出ようと、お昼に家人に相談。「なに言ってんのよ、二日も会社休んどいて!早く帰ってらっしゃい!」とどやされました。ともちんさんもギブアップだったとのこと、是非リベンジを図りたいですヽ(´o`;。
kincyan
2012/12/21 07:25
いや〜、旨かったですね。
おまけに、お会計の値段にビックリ!
お酒の分が抜けているんじゃないかと疑うくらいの値段ですよね。
大将の選りすぐりのネタと料理は、本当に素晴らしかったです。
ピンチヒッターに呼ばれて、良かった〜!(笑)

和多屋の新年会にもお呼びしますので、是非お越し下さいね(^▽^)/
Gibson
2012/12/21 10:35
>kincyanさん
さぞ無念だろうね〜って、みんなで話してました(笑)
これが最後の晩餐という訳ではありませんので、楽しみはまた取っておきましょう!
あ… そういえばここだけの話。
ジャズさんも風邪で二日間休んだ翌日でしたよ(笑)
はるかぜ
2012/12/21 21:00
>Gibsonさん
ホント全てに大将の心意気を感じるお店でしたし、大将の話も面白かったですね〜!

新年会、楽しみにしております(^^)/
はるかぜ
2012/12/21 21:13
無念でした。
前週から刺身断ちをしていたにも関わらず、体調不良という体たらくで失礼しました。
この場をおかりして、緊急ピンチヒッターのGibsonさんに御礼申し上げます。
まだ体調が戻らず、料理の写真が美味しそうに見えてきません・・・。元気なら、キーボードが涎にまみれるのですが。
この失敗は必ず次に生かす所存です。
ともちん
2012/12/22 15:52
ワタシも無念です!(><)←勘違い人
こんなに良いお料理と芋焼酎をお腹一杯になるまで食べて飲んで5千円と少し、だなんて素晴らし過ぎます!!
ロックもお湯割りも好みですが、香りが好きな芋焼酎なら5:5のお湯割りで飲むのが好きです♪(←誰も好みなんて聞いてないか^^;)
けんぞー
2012/12/22 18:15
はるかぜさんとゆっくりお話しができたのは初めてで、大変楽しかったです。
板前さんにして詩人、はたまた、PA屋さんにして自転車屋さんのはるかぜさんには、興味津々です。

kincyanさんとはるかぜさんをお誘いして、第二弾をやりましょうね。
文吾さんも、包丁を研ぎながら、われわれの来店を待っていると思います。
kincyanさんとはるかぜさん、次は、首を洗って、じゃなくて、手洗いうがいをして、万全の体勢でのぞんでください。
断腸亭
2012/12/23 08:05
>ともちんさん
この料理が美味しそうに見えないとは、よほど具合が悪いのですね(^_^;)
早く体調を戻して、年明けにリベンジいたしましょう!お大事下さい(^^)
はるかぜ
2012/12/23 13:52
>けんぞーさん
今度はしぞーかに宿を取って一杯飲りに行きますので、良いお店を探しておいて下さいね(笑)
お湯割りも良いなぁ〜(^^)
はるかぜ
2012/12/23 13:56
>断腸亭さん
私も断腸亭さんとゆっくり話が出来て、大変楽しませて頂きました。
息子の写真についてもいろいろありがとうございました。早速「第3の男」を借りてきて観ていましたよ(^^)

断腸亭さんのお歳や職業を聞いて、腰を抜かしそうになりました!(失礼っ!)
私もますます断腸亭さんに興味深々です。

都内回遊ポタの反省会。年明けになりそうですが
私も息子もkincyanさんも、ともちんさんも首を洗ってお待ちしております(笑)
はるかぜ
2012/12/23 14:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
初めての「ヨルクライム」 はるかぜがそよぐ場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる