はるかぜがそよぐ場所

アクセスカウンタ

zoom RSS はるかぜファミリー日本百名山に挑む!

<<   作成日時 : 2015/10/30 22:01   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

三度の飯の次に富士山が好きな嫁さん。
なんにでも興味を示すお年頃の娘。
佐渡での一人旅などを含む、実はプチアウトドア派な息子。
昔から山に興味があり、山岳小説を読みふけってきた私。

いよいよ家族揃って、初めの一歩を踏み出しました!
画像















筑波山
「西の富士、東の筑波」と称されている日本百名山のひとつ
西側の男体山が871m、東側の女体山が877m
百名山の中では一番低い山です。

家を車で出て1時間半。
筑波神社の駐車場に到着し、境内を抜けて
午前8時50分。
「白雲橋(しらくもばし)コース」の登山口から登り始めです!
画像














このルートは距離約2.8km 標高差610m で
所要時間登り110分 下り95分 といったコースです。

先導は、過去にこのコースを制覇している息子。
最初はこんな感じのなだらかな道でした。
画像















私は一番後ろに着いたのですが
すぐに体調に異変が起こったのです…

息が上がります。まったく身体に酸素が入ってこない感覚。
そしてものすごい発汗。
足を止めて岩に腰掛けると目の前がチカチカします。
酸欠?脱水?
100m歩いては休憩…
(無理かなぁ・・・なんて思った瞬間も!)
家族も心配して「戻る?」なんて感じでした。

完全に体調が変なのは判っているのですが
諦めたくなかった・・・

今回、これを成し遂げれば
自分の中で何かが変わる気がしていたし
少しでも元の身体に戻れるような気がしていた。


後ろからくる人たちにどんどん抜かれます。
でもいいんです。
自分のペースで進んで行けば…

お陰で身体が本来の状態に戻って来ました。
画像














先頭を歩けるまで回復!(笑)

こんな岩場もガシガシ登れるほどになりました!
画像














そして・・・
画像














百名山一座目、達成です!

眼下に広がる女体山山頂からの景色
画像














何度も見てきた画ですが、自力で登って来た今回は別格!
(結局150分掛かってしまいましたが…)

ひとり一個ずつ持ってきたおにぎり(^^)
(息子は途中で食べた・・・)
これも特別に美味しく感じました。
画像














ここで上半身の服を全て着替えました。
(汗でびっしょり)

向こうに見えるは男体山
画像















ですが・・・ここから先は
画像














動力に頼っての下山でした(笑)

思った以上に体力を使い果たしてしまったもので・・・

ケーブルカーを降りてから駐車場まで
そのわずかな距離で両太ももが攣る寸前に(^_^;)

気遣ってくれた息子が帰りは運転してくれました。

帰宅後はさすがにみんなぐったりで
コストコ様に頼りました(笑)
画像















一番張り切っていた私がまさかのトラブル…
とんだスタートになった今回の挑戦でしたが
家族揃って達成することが出来ました。(感謝!)

そして実は、すでに次の目的地まで決まってます♪


少しだけど自分が戻ってきたように感じてます(^^)/
家族に助けられた…


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした!
はるかぜファミリー登山シリーズは続く、のですね!
でも体調不良が気になりますね。で、その後復活してるし。
一度、主治医に相談されてみては。。。
それで問題なければ(実際は体調の変化があったのですが)、じっくりと次の目的地に挑めば良いわけですし。
いいな〜、お寿司と金麦♪
けんぞー
2015/10/30 22:13
百を制覇する日は来るのだろうか(笑)
ワタシは登山の趣味はありませんが、富士山にだけは登りました。
これだけで国内の山は制覇した気分です。

みんな登山っていいますけど、ホントに辛いのは下りだと思うのです。
動力に頼って当然です。
自転車だって下るための道具なんですからねっ!
ともちん
2015/10/30 23:48
>けんぞーさん
登山前日に右首付近をかなり寝違えたんです(^_^;)
でもそれとは違う異変だったので現場で驚いたのですが、その後の復帰にもビックリしました!
良い感じと悪い感じ&身体的と精神的がバラバラな組み合わせでやってくるので何が何だか解らない毎日です。
が、家族全員での共通趣味が出来そうです(^^)
はるかぜ
2015/11/01 21:37
>ともちんさん
百は無理でも十五くらいは登りたい(笑)
ただ…
私と嫁の共通意見として、富士山は登るものではなく外から見て楽しむものだ!になってます(笑)

出来れば自転車を背負って登り、下りは跨いで!ですね(^^)
はるかぜ
2015/11/01 21:42
おお、奇しくも同じ時期に筑波山に行かれましたね。わたしの方は大人数でゆっくり登りました(自転車で)。立ちくらみは低血糖(ハンガーノック)的な感じだったんでしょうか。体調コントロールに留意しましょう。私は、体調コントロールの一環で、睡眠コントロールの手段を色々試しております。そのうちブログに載せますね。


優しいご家族との山登り、いい雰囲気でしたね。次は奥日光とか養老渓谷なんていうのもいいかもしれませんよ。
kincyan
2015/11/07 06:24
>kincyanさん
登り口の鳥居をくぐった瞬間から意味不明の体調不良でしたので、何かが降りて来たのかもしれません(笑)
っていうのは冗談で、やはり精神的なものもあったのかなぁって思います。
睡眠も最近上手に摂れなくて辛いです。
何か良い方法があったらアドバイス下さいね(^^)

12月の初めにまた家族で新たなコースにチャレンジしてきます!
はるかぜ
2015/11/11 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
はるかぜファミリー日本百名山に挑む! はるかぜがそよぐ場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる