はるかぜがそよぐ場所

アクセスカウンタ

zoom RSS 年末のご挨拶と「千葉の山」

<<   作成日時 : 2015/12/31 18:21   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

千葉県には「山」が無い。
よくそう言われます。
否定しません。

一番高い山が「嶺岡愛宕山(みねおかあたごやま)」で
標高が408mですから…
しかもこの山頂は航空自衛隊の分屯基地なので
基地の門で「予約」の確認をして案内してもらう。といった
一風変わった山頂です(笑)
第2位は379m「鹿野山(かのうざん)東峰」

こんな低山ばかりなのですが
そのほとんどが房総半島に集中しています。

その中で「岳」のつく呼び名の山が2座。
(千葉に岳はひとつしか無いと思われがちですが…)
ほぼほぼ最南端にある「音落ヶ岳(おとおつがたけ)」139m!
そして
房総中央山脈(笑)にそびえ立つ
「伊予ヶ岳(いよがたけ)」336mです。

そこでやはり千葉県人として
山を始めた者として
千葉の「岳」を落とさない訳にはいきません!

館山自動車道を南下して「鋸南富山IC」まで…
途中、市原SAで小休止を挟んで2時間。ちょうど100km。
「千葉のマッターホルン」です(笑)
画像














「平群天神社(へぐりてんじんじゃ)」の境内に
登山口があります。(登山者用の無料駐車場あり)
画像














画像














結構な急斜面が続いたりします。
画像



















こんな竹林の中を歩いたりもします。
画像














富山へとの分岐地点。
画像














このすぐ先に休憩場がありました。
画像














何とも素晴らしい景色です!
画像














画像















ん? どうやらハイキングはここまでの様です…
画像














なんと!!
こんな所を登っていかなければなりません!
画像



















ほとんどクライミングです(^_^;)
ま、私的には最高に楽しかったのですが
問題は… (笑)
画像



















結構ガチです!
え〜〜!こんなんほとんど垂直やん!
って感じるような鎖場の岩登りを何回も繰り返し…

ようやく頂上! 伊予ヶ岳南峰
画像















圧巻の眺望です!
画像














東から南へ房総の山々を一望!
(中央アルプス並み!?)

西側には「富山(とみやま)」
画像














もちろん「富士山」も完璧でした。
画像














山頂で知り合ったおじさまが言ってました。
「ここからの眺めは本当に最高だよ!」
この方は休日の度にアルプスやら丹沢やら奥多摩など
かなりの山歩きをしている方で
そんな人がもの凄く気に入っている景色です。
冬場はこうした千葉の山を歩き回っているそうです。

もう家族3人で大感激でした!
(そうそう、息子はいない)

ここから向かうはもう一峰(10分ほど)
画像














北峰からの見る南峰の頂
画像














そして南峰に戻り
登っている最中も、頂上でも
嫁さんが危惧していた「下り」です。
マジで怖がっていて
周りの人に他の下山ルートとか聞いてました(笑)
画像















上りは私が一番後ろから2人をサポート。
下りは私が先に降りてサポートです。

実際に下り始めてみると嫁さんは大丈夫!
しかし娘が全くもってダメで…(^_^;)
画像



















途中何度もぶら下がり状態になっていました。
本人は相当怖かったみたいです。

上りの倍ほど時間を掛けて(笑)
途中の休憩場でホッと一息…

なんて美味しいんでしょう!(^^)v
画像














朝よりも雲が晴れたおかげで「伊豆大島」です!
(だと思われます…?)
画像














結局、何も遮る高い物が無く目の前が海なので
本当に遠くまで景色が見えるんですね!?
360度眺望全開の山でした。

下山後、違う方向から眺めた「伊予ヶ岳」
画像














カッコいい山だと思いませんか?(笑)

ここからナビに打ち込んだ目的地はこちら
画像














初めて来ました〜!
画像














標高はこんなもんですが
画像














自転車で訪れる仲間が何人もいます(^^)

この時季、夜になるとライトアップされて美しいらしいのですが
私たちが訪ねた時間は一番何も無い時なので
駐車場はうちの車だけでした(笑)

ここから一気に外房の海まで下って
画像














さらに海底に潜って(笑)
画像














勝浦海中公園で遊んできました。
子供たちが小さい頃は何回か来たけど久しぶり!
画像














せっかく房総に来たんだから“美味しいお刺身”
と思いながら外房を北上して行ったのですが…
結局ガストで・・・でした(笑)
画像















こんな感じで遊びまわって夕方5時ぐらいには帰宅。

大満足な遠足でした(^^)v

しかしやはり娘は山登りで相当のプレッシャーがあったようで
帰って来た瞬間に解放されたのでしょう。
ご飯も食べずに「寝る…!」ってなってました(笑)



さて…
去年の今頃は病院のベッドでした。
そこから春先まで繰り返した入退院…

社会復帰後も意味不明な精神的不安定が続く中
家族揃って初めて登った秋の筑波山。
これがきっかけで新しい目標ができ
楽しいと思えるようになった気がします。

なんとなくその間
「自転車」に乗りたいとは思えなかった…

でも今は「やっぱ自転車乗りて〜〜っ!」ってなってます(^^)

ただしばらくは山登りに嵌まりそうなはるかぜ&ファミリーです。


数えるほどしか更新しなかったこの日記。
しかもほとんど自転車ネタは無し…
それでもご覧になってくれたり
コメントを届けて下さったり
そんな皆さんに随分支えられてきました。

心から感謝しています。

来年もポチポチと続けていきますので
よろしくお付き合い下されば幸いです。

皆さまにとって素敵な2016年となりますように…



2016、年男のはるかぜより

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今年も一年、お疲れ様でしたm(_ _)m
登山の魅力って、やはり登頂した時の眺望を楽しむ事に尽きるのかな〜、って感じました。
で、いつも思うのですが、多くのテレビ番組でも取り扱うのは、登頂までの上りですが、怖いのは下りだと思います。
より気をつけないとね〜!
確実に登頂回数が増えていきますね(^。^)
2016年が楽しみです♪
来年も宜しくお願いしますm(_ _)m
けんぞー
2015/12/31 21:01
>けんぞーさん
こうやって誰よりも早く言葉を届けてくれたけんぞーさん。
ホント感謝の気持ちでいっぱいです(^^)

自転車で上れる頂点と違うんですよね、登山って。
辛さはどうかなぁ…
やはり機材の重量分辛いかな、自転車の方が。
ペースの配分とか補給のタイミングとか、体温調整の為の細かいウェアリングとか…
自転車では入って行けない所へ行ける。
それも家族みんなで! っていう魅力でしょうね(^^)
下りの怖さは一緒です(笑)
今年も一年支えてくれてありがとう!
来年もよろしくお付き合い下さいね(^^)
はるかぜ
2015/12/31 21:40
伊予が岳へ登りましたか。
あそこは頂上付近が岩峰ですから、魅力的な山ですね。
深田久弥の百名山からは逸脱しているようですが、伊予が岳だったら、富山もお願いします。
そそ、今、断腸さん達と目を付けているのが、鋸山の尾根の東端からの縦走です。
かなりスリリングかと。
それとか、元清澄とか言う房州の核心部の藪山もおもしろそうですね。
簡単に登れてアルペン的雰囲気が楽しめる山梨の乾徳山とか、金峰とか、瑞牆なんてのもいいですね。
あ!!
皆が狂信的に言うヤビツ峠から丹沢主脈縦走とかも・・・・   うーーーん、もうおいらにはどこも行けませんが。 ああ、でも基本的に膝に故障がないのなら、絶対歩くと言うのはいいですね。
サドルとかに、ずーーっと座って楽してる自転車よりずっと運動になるようですね。
来年も、山行レポ楽しみにしてますよ。

2015/12/31 22:19
なるほど、千葉の山というのは低いですが、こういう山があったんですね。ご家族で登られるというのが素晴らしいです。娘さんが、めちゃめちゃ疲れてというのが面白い。一番若いのにね^^。こういう登山というのもアリですね。
kincyan
2016/01/01 12:47
>Bさん
いや〜ホント伊予ヶ岳は素晴らしい山だと思いました!
頂上おじさんも言ってました。
富山もセットで楽しんでねって(^^)
さすがBさん、どんどん出てきますね!
今後はしっかりとご教授願いたいと思います。
鋸はぜひ行きましょう!
息子も楽しみにしています。
はるかぜ
2016/01/01 20:34
>kincyanさん
自転車でも面白そうな千葉の峠ですが、山歩きもかなり奥深く魅力がありそうです。
もちろん高山病や凍傷などの危険は皆無です(笑)
あんだけ疲れても、来年のご来光は富士山で!
なんて今日も言ってた娘です(^^)
はるかぜ
2016/01/01 20:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
年末のご挨拶と「千葉の山」 はるかぜがそよぐ場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる